痔.comトップページ

日本人の3人に1人は痔主

日本人の3人に1人は痔主

「3人寄れば、痔主が1人」 といわれるくらい、痔は日本人にとって、 非常に身近な...

痔の治療は早期の受診がカギをにぎる

痔の発症率は、日本人と外国人とでは、あまり変わりはありません。しかし、痔にかかる...

痔の治療と「真の健康と幸福」

最近の医療では、患者さんを治療する医師が、その患者さんが治療のあとに充実した人生...

肛門の構造としくみ

肛門の構造としくみ

・肛門は複雑でデリケートな器官 痔という病気を理解するには、肛門の構造を知ってお...

肛門をとり囲んでいる2つの筋肉

ふだん私たちが意識していなくても、肛門から便が漏れ出ることはありません。 それは...

なぜ人間は痔になるのか

なぜ人間は痔になるのか

・痔とは、どういう肛門の状態か 痔は、肛門の構造がまねく病気といえます。日本人の...

ダーウィンの進化論からみた医学的原因

ちょっとむずかしいタイトルですが、ダーウィンの進化論からみた人間の肛門のクッショ...

老化が痔核の原因をつくっている

現代は生活環境の改善や医療の発達により、「人生80年」といわれる長寿社会になりま...

男と女、どちらが痔になりやすい?

男と女、どちらが痔になりやすい?

・便秘しやすい女性に痔が多い? 痔は、男性に多い病気というイメージがありますが、...

痔ろうだけは男性が優勢

痔のなかでも痔ろうだけは男性に多いのが特徴です。しかも、筋肉の発達した、がっちり...

痔をほうっておくとどうなるか?

痔をほうっておくとどうなるか?

・直腸がんや大腸がんを痔と間違えやすい 痔は命には関係ない病気、と甘くみている人...

がんになる痔もある

痔ろうは、治療せずにそのままにしておくと、肛門がんになることがあります。 肛門に...

痔を悪化させる6大要因

痔を悪化させる6大要因

・痔の元凶は肛門周辺の炎症 痔を大別すると、「痔核」「裂肛」「痔ろう」の3種類が...

肛門に炎症を起こす6大要因

日常生活で、肛門に炎症を起こす原因となるものには、「便秘・下痢」「肉体疲労」「ス...

病気を治し、予防するのは本人の自然治癒力

人間の健康は、外部からの攻撃因子と体内の防御因子とのバランスで成り立っています。...

痔の3大疾患は痔核、裂肛、痔ろう

痔の3大疾患は痔核、裂肛、痔ろう

「痔」はポピュラーな病気ですが、正確にいうと、医学上「痔」という病気はありません...

痔核(いぼ痔)

痔核(いぼ痔)

・痔核には、内痔核と外痔核がある 痔核は、肛門の周囲の動静脈にできた動静脈瘤の一...

内痔核の症状

内痔核は、歯状線より内側にある動静脈叢が大きくなって肛門の中にたれ下がったもので...

外痔核の症状

便秘などで、かたい便を無理に出そうとしていきんだりすると、豆粒大のしこりが肛門上...

痔核の原因

痔核は次のような原因で起こり、悪化します。 ・便秘やトイレが長い人 便秘になると...

痔核の応急手当て

内痔核の場合には、排便が終わると出血は止まりますから、トイレを出たら、お腹の下に...

裂肛(切れ痔、裂け痔)

裂肛(切れ痔、裂け痔)

裂肛は、肛門の外傷といってよい病気で、かたい便が肛門から出るときに歯状線より外側...

裂肛の原因と発生のしかた

裂肛の最大の原因は便秘で、腹圧をかけてかたい便を無理に出そうとしたときに起こりま...

裂肛の種類

裂肛には、"単純性裂肛"と"慢性潰瘍性裂肛"の2つのタイプがあります。 ・単純性...

裂肛の応急手当て

市販の軟膏を患部に塗るか、坐薬を使います。 また、便秘の人は便をやわらかくするた...

裂肛狭窄

・肛門が狭くなり、便が出にくくなる 排便はあるのに便が出にくく、力むと鉛筆の太さ...

痔ろう(あな痔)

痔ろう(あな痔)

肛門の周囲にうみがたまり、それが破れて出たあとにろう管といううみが出るあなができ...

痔ろうの原因と発生のしかた

痔ろうは、肛門の歯状線にある肛門腺窩という小さなポケット状になったあなに便がつま...

痔ろうになりやすい人とは

昔は、痔ろうは結核菌が起こす結核性の病気と考えられていましたが、現在では、便の中...

痔ろうには、4つのタイプがある

痔ろうは、原発巣である肛門腺からうみが進む経路によって次の4つのタイプに分かれま...

痔ろうの応急手当て

痔ろうはお尻の炎症が原因ですので、これをしずめるためには患部を冷やします。 うつ...

そのほかの肛門の病気

そのほかの肛門の病気

肛門や肛門の周囲にできて、症状が似ていることから痔と間違えやすい病気があります。...

幼児痔ろう

生後数ヶ月から1歳ぐらいまでの、おもに男の子の赤ちゃんにできる痔ろうです。 乳幼...

直腸脱

排便のときに、ちくわのような筒状の粘膜が5?10cmも脱出する症状を、直腸の一部...

直腸粘膜脱

直腸脱が、直腸全体が肛門のほうに下がってしまう病気なのに対し、直腸粘膜脱は、直腸...

尖圭コンジローム

肛門内や肛門周囲の皮膚にも約2?3cmのイボが多数できる病気で、ヒト乳糖腫ウイル...

肛門管がん

肛門にできるがんで、あまり多くはありません。直腸がんのように粘膜に発生するがんと...

レクシトール(直腸膣壁弛緩)

高齢の女性などで、直腸と膣との隔壁が弱くなり、排便時にふくらんだ直腸が膣内にせり...

クローン病

口から肛門までの消化管に、潰瘍ができたり線維化した肉腫ができる原因不明の病気です...

潰瘍性大腸炎

ストレスや免疫機能の異常によって、大腸の粘膜に潰瘍やただれができる病気です。下痢...

肛門ポリープ

ポリープは、腫瘍の外観がきのこのような形をしたクラゲの子どもに似ていることからつ...

膿皮症

肛門周囲の皮膚の汗腺や皮脂腺に最近が汗腺して炎症が起こり、可能してろう孔からうみ...

皮膚びらん

皮膚びらんとは、皮膚の角質層とその下の基底膜が、細菌や血液などの体液の循環不良、...

「痔と思っていたら、大腸がん」

「痔と思っていたら、大腸がん」

・大腸がん、直腸がんが増えている 痔が原因でがんになることはまれですが、大腸がん...

バーキット博士による排便時間の研究

イギリスの医師バーキット博士は、便の滞留時間とがんの発症との関連を研究し、食物繊...

増えている日本人の脂肪摂取量

日本人が1日に摂取する総エネルギーの内訳を年度ごとに調査したデータがあります。 ...

大腸がんの早期発見と痔

大腸がんの早期発見をさまたげる原因となるのが痔です。 大腸がんと痔には、肛門から...

肛門に出血や違和感があったら、すぐ専門医に診てもらう

・大腸がん 大腸とは、小腸とつながる盲腸、上行結腸、横行結腸、S状結腸、直腸まで...

大腸がん、直腸がんの検査法と早期発見法

大腸がん、直腸がんの検査法と早期発見法

これまでも説明してきたように、直腸がんや大腸がんは、出血をともなうことが多いがん...

出血・便の潜血反応

検査のしかたは、患者さんに便をとってもらい、試験薬によって血液の反応をみます。 ...

注腸造影検査

結腸、直腸のがんを調べるための、大切な検査です。 肛門から腸の中にバリウムを送り...

大腸内視鏡検査

・内視鏡のしくみ 大腸内視鏡検査は、内視鏡(ファイバースコープ)を用いて肛門より...

腫瘍マーカー

がん細胞が血液中に放出する特殊なタンパク質(腫瘍マーカー)を見つけて、がんの診断...

早期の大腸がん、直腸がんは内視鏡で治療できる

大腸がんと直腸がんは、ほかのがんと比べて早期発見がしやすく、完治しやすいがんとい...

「親切な医療」が主流

「親切な医療」が主流

病院という意味のホスピタルという英語は、遠くかた来たお客さんをもてなす、という意...

痔を治すのは人間の自然治癒力

痔を治すのは人間の自然治癒力

病気(痔)を治して健康をとり戻すためには、どうすればよいのでしょうか。 ・病気に...

自然治癒力を高める

最近、欧米や日本で、心の状態によって免疫力が高まったり、弱まったりすることを研究...

痔を予防する日常生活のセルフケア

痔を予防する日常生活のセルフケア

「セルフケア」とは、「自分自身で、健康を維持するための生活環境をつくり出していく...

便意があってからトイレへ行く

痔のケアで大切なのは、規則正しい便通の習慣をつけることです。 自然に便意があって...

トイレに長居しない

便意がないのにトイレに長く居すわって、いきんでいると、肛門に大きな負担がかかりま...

排便後のケアをきちんと行う

排便後には、お尻をお湯で洗い流すのが一番です。 大便はアルカリ性で刺激が強く、細...

慢性の下痢も痔の原因になる

慢性の下痢になると、排便後に水様便が肛門を通過する際に、肛門粘膜や上皮に浸透する...

同じ姿勢を長時間続けない

座りっぱなし、立ちっぱなしという同じ姿勢を長時間続けていると、足腰の筋肉が緊張し...

肛門の血行をよくする

入浴は、肛門周囲の血行をよくするので痔の痛みをやわらげます。 下着の上から、使い...

体の冷えには要注意

体が冷えると、肛門括約筋が緊張し、痔が痛みだすことがあります。 また、寒いと、体...

過労やストレスをためない

肛門は、便が通過するので、便の中の無数の細菌と接触します。 しかし、肛門は炎症を...

痔の原因になるスポーツもある

痔主の人には、あまりおすすめできないスポーツがあります。 それは、瞬間的にお腹に...

アルコール、香辛料はひかえめに

とうがらし、こしょう、わさびなどの香辛料には充血を促す刺激成分が含まれています。...

無理なダイエットは痔をまねく

女性に多い便秘の原因に、間違ったダイエットがあります。 やせるために、いちばん手...

妊娠中、出産後の痔のケアは大切に

妊娠と出産を経験すると、痔になったり、痔を悪化させることが多くなります。 妊娠し...

月経前、月経中のケア

月経前や月経中には、肛門は炎症を起こしやすくなるため、症状が悪化する人が多いよう...

内痔核のセルフケア

内痔核のセルフケア

・内痔核は生活習慣病 内痔核に悩んでいる人は多いです。 内痔核の手術率は13%で...

痔の最大の原因は便秘と下痢

痔の最大の原因は便秘と下痢

痔になったり、痔を悪化させる危険因子は「肛門の炎症」です。 そして肛門の炎症を起...

理想的な便とは

便秘や下痢で悩んでいる人は、「排便できたか、できないか」ということばかりを気にし...

便意を感じたら我慢しない

便意を感じたら、我慢しないでトイレに入って排便することが、肛門に負担をかけず、痔...

人間は、排便するようにつくられている

大腸が動いて、便がS状結腸から直腸へ送られるには、3つの神経反射が必要です。 ・...

腸がいちばん丈夫なのは、おっぱいを飲んでいる赤ちゃん

便秘も下痢もしないで、毎日、理想的な便が出る・・・・ つまり、腸がいちばん丈夫な...

便秘の原因は生活習慣の乱れ

便秘には、単純性便秘(一過性便秘)と常習性便秘(習慣性便秘)があります。 単純性...

下剤を飲むときには医師の処方に従う

「便秘のときは、下剤を飲めばよい」 これは正しいでしょうか。 いいえ、間違いです...

慢性の下痢症も痔の大敵

これまでに説明したように、下痢も慢性化すると痔をつくる大きな一因になります。 下...

食物繊維を積極的にとって便秘を防ぐ

食物繊維を積極的にとって便秘を防ぐ

・検査して腸に病気がないとわかったとき 便秘を解消する一番の方法は、食物繊維を多...

食物繊維の多い食事をとる

便秘の人に意外と多くみられるのが、消化のよいものだけを食べていることです。 消化...

食物繊維のとりかたのコツ

食物繊維というと、まず野菜が思い浮かびます。 しかし、野菜サラダだけ食べていれば...

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は同じくらい食べよう

食物繊維には、水にとけない不溶性食物繊維と、水にとける水溶性食物繊維の2種類があ...

かたい便をやわらかくする

理想的な便のかたさは、チューブ入りの歯磨き粉のようなやわらかさ、と説明しましたが...

ビフィズス菌を増やして便秘と下痢を解消する

ビフィズス菌を増やして便秘と下痢を解消する

・腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌がある 腸内細菌は、人間の小腸と大腸にすんでいる細...

赤ちゃんが便秘も下痢もしにくいのはビフィズス菌のおかげ

わたしたちのなかで、便秘も下痢もしにくく、腸が一番丈夫な人はどういう人でしょうか...

善玉菌とプロバイオティクス

善玉菌とプロバイオティクス

・ビフィズス菌が増えると、老化も発がんも抑えられる ネズミに与えているエサにヨー...

アンチバイオティクスからプロバイオティクスの時代へ

20世紀は、細菌は悪いものとして、抗生物質などを開発して徹底的に退治しようとしま...

ビフィズス菌を増やすもの、減らすもの

ビフィズス菌を増やす方法は、4つあります。 ・乳糖を多くとる 赤ちゃんは、母乳に...

腸管免疫とアレルギー

腸管免疫とアレルギー

・アレルギー症が増えている 花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が増えて...

免疫細胞とアレルギー

免疫細胞は、血管やリンパ管の中を流れて体内をパトロールしています。 そして、体に...

腸内免疫を高めるとアレルギーを予防できる

Th1細胞を増やすのは、善玉菌のビフィズス菌であることがわかってきました。 その...

神経反射を上手に使って便秘を予防する

神経反射を上手に使って便秘を予防する

本来、人間は便秘になるようにはつくられていません。 毎朝、便意を感じ、排便が起こ...

朝食をきちんと食べる

朝、起きて、からっぽの胃の中に食べ物が入ってくると、その刺激により腸が動きだしま...

病院の薬と市販薬

病院の薬と市販薬

まず、最初にことわっておきたいのは、痔は、薬だけでは治らない病気であるということ...

市販薬はリリーフ・ピッチャー

薬は、医師の診断がついて、はじめて処方されるものです。医師の診察を受けなければ、...

市販薬の成分は弱い、はウソ

薬の効能について、市販薬は弱い成分を使っているので安全、という人がいますがこれは...

生活習慣病の薬の使いかた

糖尿病や高コレステロール血症などの生活習慣病の治療は、まず、原因となっている生活...

痔の薬の種類

痔の薬の種類

痔の薬には、坐薬、塗り薬(軟膏、クリーム)の2種類の外用薬と、内服薬(飲み薬)の...

痔の薬の用いかた

痔の薬の用いかた

・坐薬 坐薬の効果を発揮させるには、就寝前に坐薬を肛門に挿入するようにします。 ...

手術が必要な痔は少ない

手術が必要な痔は少ない

痔の治療法は、最近では劇的といっていいほどに変わり、「手術をしない、痛くない、恥...

痔で、緊急な手術はほとんどない

内臓の病気と違い、痔では緊急に行われる手術はかぎられています。 緊急手術をしなけ...

生活指導と投薬で手術を決める

緊急に手術を必要としない痔は、手術をする時期を判断するために、痔の症状を1ヶ月ご...

なぜ、自分の痔に手術が必要なのか、医師にたずねる

医師から痔の手術を受けるようにいわれたときは、必ず、なぜ自分の痔に手術が必要なの...

手術しても治らないものがあることは覚えておいてほしい

日本を含め、世界の肛門科の専門病院であれば、痔核や痔ろうなどの肛門の病気に関して...

痔の手術のすべてが、日帰り手術でできるわけではない

痔は、肛門の病気の総称です。さまざまな症状があります。 また、痔ができた場所によ...

手術が必要な痔の症状

手術が必要な痔の症状

痔の手術を受けるときに必要な知識を説明します。 ・内痔核(いぼ痔) 排便のたびに...

入院の期間 長期入院は過去の話

入院の期間 長期入院は過去の話

入院をすると、会社勤めの人や、自営業の人たちは、仕事を休まなければならず、また、...

手術を受けるときの心がまえ

手術日が決まると、手術の準備として、ほかの病気や合併症の有無を調べる血液検査や心...

内痔核の手術と治療法

内痔核の手術と治療法

現在、一般的に行われている内痔核の手術には、大きく分けて、 ?内痔核をとり除く手...

内痔核をとり除く手術

内痔核を完全にとり除くことだけを目的とした昔の手術とは違い、今の手術は、できるか...

結紮切除法

結紮切除法は、内痔核の手術法としてはもっとも一般的なもので、世界中で行われていま...

半閉鎖法

従来の結紮法では、痔核を切除したあとの患部を縫合しないで、そのままにしていました...

肛門括約筋保護手術

肛門括約筋を保護しながら行う手術法で、肛門括約筋をまったく傷つけません。 そのた...

内痔核を小さくする治療法

手術を必要とする大きな内痔核に対し、とり去るのではなくて内痔核の大きさをさまざま...

レーザー療法

レーザー光線は、人工的につくられた電磁波の一種で、一定方向に直進する性質がありま...

最新レーザー療法 「ICG併用半導体レーザー療法」

最近、半導体を用いた新たなレーザー療法が開発され、注目されています。 これをIC...

硬化剤注入療法

内痔核が進行して、出血を繰り返す場合に行われる方法です。 内痔核に血液を送りこん...

輪ゴム結紮法(一般的な結紮法)

内痔核があまり大きくなく、丸形で奥に細くない場合に、高い効果を発揮する治療法です...

PPH法

PPH法は、1993年にイタリアのロンゴ博士によって開発され、ヨーロッパを中心に...

ジオン(消痔霊)

ジオン(消痔霊)は、1979年に中国中医研究院広安門医院の史教授が考案した内痔核...

内痔核のこれまでの手術法

・ホワイトヘッド法 40?50年ほど前に流行し、一世を風靡した手術法です。 直腸...

裂肛の手術と治療法

裂肛の手術と治療法

切れ痔、裂け痔とも呼ばれる裂肛は、歯状線よりも外側(皮膚側)の肛門上皮が、かたい...

スライディング・スキン・グラフト法(皮膚移行術)

慢性化し、傷口が潰瘍化した裂肛の場合に行われるのが、スライディング・スキン・グラ...

内肛門括約筋側方切開術

別名「LSIS」と呼ばれ、現在、もっとも多く行われている治療法です。 裂肛が治り...

薬物を塗ったり、注入したりする治療法

裂肛は、内肛門括約筋が過度に緊張して起こる、という考え方から、裂肛の治療では内肛...

痔ろうの手術と治療法

痔ろうの手術と治療法

痔ろうの手術は、?型、?型、?型、?型、それぞれのタイプに合った方法で行われます...

シートン法

肛門括約筋の温存手術は難しく、手術がうまくいっても再発することがあります。 また...

手術法は進歩している

手術法は進歩している

これまで説明してきたように、痔の手術法が進歩したおかげで、術後の痛みも軽くなり、...

痔の手術を受けたあとのセルフケア

痔の手術を受けたあとのセルフケア

・大事な治療後のセルフケア 最終的に手術が成功したかどうかは、術後の患者さんのセ...

手術後の痛み

現代の痔の手術は、昔とは違い、痛みで苦しむようなことはほとんどありません。 もち...

排便のしかた

排便は、手術後2日目から可能になります。 排便時の痛みを心配する患者さんも多いの...

食事と運動、入浴

やわらかい便をして、手術後の排便の痛みをやわらげるためにも、食事は非常に重要です...

後遺症と再発について

肛門の専門病院で、日本大腸肛門病学会の専門医が、肛門括約筋を傷つけずに手術を行え...

退院後の生活指導を受ける

退院後、しばらくは週に一度ぐらいのペースで外来に通院してもらいます。 手術のあと...

肛門体操

肛門には、括約筋という肛門を締める筋肉があります。 外肛門括約筋は、自分の意思で...

痔の日帰り手術

痔の日帰り手術の利点2

それ以外の痔の日帰り手術の利点としては、時間の節約があげられます。 痔の手術で入...

痔の日帰り手術について

最近では、痔の日帰り手術として、炭酸ガスレーザー手術装置を使ったレーザーメスによ...

痔の日帰り手術の手順

痔の日帰り手術は、主に朝から行われます。 (大きな病院だと昼からも行われているよ...

痔の日帰り手術の利点

痔の日帰り手術の利点としては、やはり入院しないで済むことでしょう。 誰だって痔の...

痔の日帰り手術ができるのは?

痔の手術を日帰りで行えるのは、ある程度症状の軽いものまでです。 ・外痔核 出血の...

短期入院の痔の手術

痔核結紮切除術

痔核が3個以上ある場合には、痔核結紮切除術が行われます。 この痔核結紮切除術では...

PPH法

また、PPH法で痔の手術を行った場合も、短期間の入院で済みます。 痔の手術法であ...

ジオン注

ジオン注で痔の手術を行う場合は、下半身麻酔か局所麻酔をしてから手術を行います。 ...

短期入院の痔の手術

最近では、痔の日帰り手術以外でも、短期間の入院だけで済む手術も増えてきています。...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「短期入院の痔の手術」です。2006年12月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「短期入院の痔の手術」です。2006年12月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「短期入院の痔の手術」です。2006年12月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「短期入院の痔の手術」です。2006年12月22日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索