トップ > 短期入院の痔の手術 > PPH法

PPH法

また、PPH法での手術を行った場合も、短期間の入院で済みます。

の手術法であるPPH法の特徴は、
・短期入院で済み、早い段階で仕事に戻れる
・術後の痛みが少なく、傷も残らない
・術後、排便への影響がない
などがあげられます。

PPH法は、症状の進行した内痔核に適応されます。

PPH法でのの手術の手順としては、

1.麻酔をかけて、痛みを感じない粘膜を処置する

2.肛門から機械を挿入し、緩んだ粘膜を切除し、次に縫合します。

3.緩んだ粘膜を切除することにより、痔核が上へと吊り上げられ、痔核に血液を送っていた血管が遮断されるため、痔核がだんだん小さくなっていきます。


このPPH法では、安全面と治療効果を確率されるために短期入院が必要となります。

大体の場合は、2?3日の入院で済むようです。

この記事のカテゴリーは「短期入院の痔の手術」です。
関連記事

痔核結紮切除術

痔核が3個以上ある場合には、痔核結紮切除術が行われます。 この痔核結紮切除術では...

PPH法

また、PPH法で痔の手術を行った場合も、短期間の入院で済みます。 痔の手術法であ...

ジオン注

ジオン注で痔の手術を行う場合は、下半身麻酔か局所麻酔をしてから手術を行います。 ...

短期入院の痔の手術

最近では、痔の日帰り手術以外でも、短期間の入院だけで済む手術も増えてきています。...