トップ > 痔の日帰り手術 > 痔の日帰り手術について

痔の日帰り手術について

最近では、日帰り手術として、炭酸ガスレーザー手術装置を使ったレーザーメスによる手術法があります。

こののレーザー手術は、レーザー光を患部に照射してを切除していきます。

出血が少なくてすみますし、レーザーによって肛門がやけどする心配もほとんどありません。

また、切除する以外の組織を傷つけずに手術することができるので、手術中の痛みが少なく、手術後もほとんど腫れません。

しかも、を手術で切除しても、肛門括約筋をほとんど傷つけることがないので、手術後も肛門機能を温存することができます。

さらに、従来のの手術法と違い、手術による出血が少ないため、手術時間が短くなり、日帰りで手術を行えるようになりました。

この記事のカテゴリーは「痔の日帰り手術」です。
関連記事

痔の日帰り手術の利点2

それ以外の痔の日帰り手術の利点としては、時間の節約があげられます。 痔の手術で入...

痔の日帰り手術について

最近では、痔の日帰り手術として、炭酸ガスレーザー手術装置を使ったレーザーメスによ...

痔の日帰り手術の手順

痔の日帰り手術は、主に朝から行われます。 (大きな病院だと昼からも行われているよ...

痔の日帰り手術の利点

痔の日帰り手術の利点としては、やはり入院しないで済むことでしょう。 誰だって痔の...