トップ > 手術が必要な痔は少ない > 痔で、緊急な手術はほとんどない

痔で、緊急な手術はほとんどない

内臓の病気と違い、痔では緊急に行われる手術はかぎられています。

緊急手術をしなければならない肛門の疾患は、肛門周囲膿瘍で切開が必要なケース、内痔核の急性炎症期(嵌頓痔核など)でどうしても出血が止まらないケースです。

通常の嵌頓痔核では、症状の経過をみながら手術の時期を決めます。

したがって、はじめて受診したときに、医師から「すぐ、手術しましょう」といわれたら、なぜ、すぐ手術をしなければならないのかを、医師に詳しく説明してもらいましょう。

この記事のカテゴリーは「手術が必要な痔は少ない」です。
関連記事

手術が必要な痔は少ない

痔の治療法は、最近では劇的といっていいほどに変わり、「手術をしない、痛くない、恥...

痔で、緊急な手術はほとんどない

内臓の病気と違い、痔では緊急に行われる手術はかぎられています。 緊急手術をしなけ...

生活指導と投薬で手術を決める

緊急に手術を必要としない痔は、手術をする時期を判断するために、痔の症状を1ヶ月ご...

なぜ、自分の痔に手術が必要なのか、医師にたずねる

医師から痔の手術を受けるようにいわれたときは、必ず、なぜ自分の痔に手術が必要なの...