トップ > 手術が必要な痔は少ない > 生活指導と投薬で手術を決める

生活指導と投薬で手術を決める

緊急に手術を必要としない痔は、手術をする時期を判断するために、痔の症状を1ヶ月ごとに評価しながら、3ヶ月間の生活指導と投薬を行って経過をみてから、手術をするかどうかを決めます。

もし、手術をするようになっても、その間にはれがひけば手術する部位が小さくなって患者さんの負担も少なくなり、術後の経過もよくなります。

また、この3ヶ月の間に、手術をしなくてもよくなるケースもあります。

この記事のカテゴリーは「手術が必要な痔は少ない」です。
関連記事

手術が必要な痔は少ない

痔の治療法は、最近では劇的といっていいほどに変わり、「手術をしない、痛くない、恥...

痔で、緊急な手術はほとんどない

内臓の病気と違い、痔では緊急に行われる手術はかぎられています。 緊急手術をしなけ...

生活指導と投薬で手術を決める

緊急に手術を必要としない痔は、手術をする時期を判断するために、痔の症状を1ヶ月ご...

なぜ、自分の痔に手術が必要なのか、医師にたずねる

医師から痔の手術を受けるようにいわれたときは、必ず、なぜ自分の痔に手術が必要なの...