トップ > 手術が必要な痔は少ない > なぜ、自分の痔に手術が必要なのか、医師にたずねる

なぜ、自分の痔に手術が必要なのか、医師にたずねる

医師から痔の手術を受けるようにいわれたときは、必ず、なぜ自分の痔に手術が必要なのか、本当に手術が必要なのか、ということをたずねてください。

というのも、手術を受けたことがある患者さんには、「病名や治療方針について、医師からほとんど説明がなかった」という人が結構多いからです。

これは、手術を行った医師、病院側の不注意によるものですが、自分の病状や、受ける治療に無関心な患者さんにも問題があると思います。


痔の手術が必要といわれたときには、医師に次の質問をして、理由を納得できるまでくわしく聞くようにしてください。

?なぜ、自分の痔に手術が必要なのか?

?手術しないと、どのようなまずいことになるのか?

?自分と同じ症状の痔の人は、この病院ではどれくらい手術をしているのか?

?手術をすると、何日間で完治するのか?

?手術をすると、自分の症状は解消するのか?


最近の医療では、インフォームド・コンセント(説明と同意)という考えにもとづいて治療を行うようになっています。

これは、治療を始める前に、医師が患者さんに病状や治療法をわかりやすく説明し、また患者さんはわからないことを質問して、医師の説明に納得し、同意してから治療を受ける、というものです。


よほどのことがないかぎり、その日のうちに手術ということはありません。

まず、痔の痛みやはれなどの症状を消炎薬などで抑え、患部が落ちついてから、患者さんの都合のよい日に手術をします。


手術日の数日前に突然、電話をかけてきて、「予定が変わったので、明日入院してください」などということが、一部の大病院にはまだあるそうです。

しかし、このやりかたは病院の都合だけを優先し、仕事や家事をしている患者さんの都合をまったく無視しています。

今後は、このような病院の対応のしかたはなくなっていくと思います。

この記事のカテゴリーは「手術が必要な痔は少ない」です。
関連記事

手術が必要な痔は少ない

痔の治療法は、最近では劇的といっていいほどに変わり、「手術をしない、痛くない、恥...

痔で、緊急な手術はほとんどない

内臓の病気と違い、痔では緊急に行われる手術はかぎられています。 緊急手術をしなけ...

生活指導と投薬で手術を決める

緊急に手術を必要としない痔は、手術をする時期を判断するために、痔の症状を1ヶ月ご...

なぜ、自分の痔に手術が必要なのか、医師にたずねる

医師から痔の手術を受けるようにいわれたときは、必ず、なぜ自分の痔に手術が必要なの...