トップ > 痔の薬の種類 > 痔の薬の種類

痔の薬の種類

痔の薬には、坐薬、塗り薬(軟膏、クリーム)の2種類の外用薬と、内服薬(飲み薬)の合わせて3種類があります。

これらの剤型の薬を、痔の種類と症状に合わせて使い分けることが必要です。


・坐薬
挿入しやすいように紡錘形をしたやわらかい固形の薬で、肛門内に入れるととけて、痛み止めや止血の作用があります。裂肛や痔核に用います。

とけた成分が肛門の粘膜や上皮の表面をカバーして、便が通過するときの刺激から肛門を守るとともに、患部に直接作用するので効果が速くあらわれます。


・塗り薬(軟膏、クリーム)
肛門の周囲に塗るタイプと、チューブの先端を肛門にさして薬を注入するタイプがあります。

効能は、痛み止めと止血作用で、坐薬と同じように、排便時に通過する便が肛門の粘膜を刺激しないようにガードし、肛門の負担を減らす働きがあります。

肛門の出口付近にできて、坐薬を使えない裂肛や痔核に使います。


痔の外用薬の種類は、含まれる成分によって、ステロイド系と非ステロイド系のもので大きく2つに分けられます。

これらの成分が含まれた薬を、痔の種類と症状、できた場所に合わせて使い分けます。

また、同じ薬で軟膏と坐薬という剤型に違いがある場合は、痔の種類や部位によって使いかたが異なるだけで、成分と効果は同じです。


・内服薬(飲み薬)
病院で痔の治療に用いる内服薬には、便秘のときに便をやわらかくする緩下剤や、炎症を抑える消炎薬、抗生物質などがあります。

この記事のカテゴリーは「痔の薬の種類」です。
関連記事

痔の薬の種類

痔の薬には、坐薬、塗り薬(軟膏、クリーム)の2種類の外用薬と、内服薬(飲み薬)の...