トップ > 痔をほうっておくとどうなるか? > 痔をほうっておくとどうなるか?

痔をほうっておくとどうなるか?

・直腸がんや大腸がんを痔と間違えやすい
痔は命には関係ない病気、と甘くみている人が少なくないようです。しかし、痔だと思い込んでいたら、実は直腸がんや大腸がんだったというケースが結構あるのです。

特に、この数年、日本人が直腸がんや大腸がんになる割合が増えるにともない、痔と思っていて検査をしてもらったらがんだった、という人が目立って増えているんです。

これは、直腸がんや大腸がんの症状の1つである肛門からの出血や血便を、痔が原因のものと素人判断してしまうことによります。特に、痔とのつきあいが長い人ほど、その危険性が高くなります。

それまでなんともなかった人が、急に出血したり血便が出れば、驚き病院へかけこんで診察を受けます。しかし、長い間、痔を繰り返している人は、出血しても、「どうせ痔が原因だろう」と思い、ほうっておくことが多いためです。

この記事のカテゴリーは「痔をほうっておくとどうなるか?」です。
関連記事

痔をほうっておくとどうなるか?

・直腸がんや大腸がんを痔と間違えやすい 痔は命には関係ない病気、と甘くみている人...

がんになる痔もある

痔ろうは、治療せずにそのままにしておくと、肛門がんになることがあります。 肛門に...