トップ > 病院の薬と市販薬 > 生活習慣病の薬の使いかた

生活習慣病の薬の使いかた

糖尿病や高コレステロール血症などの生活習慣病の治療は、まず、原因となっている生活習慣をつきとめて改善し、その次に薬を使用するようにします。


痔は、現在では世界的に生活習慣病と考えられている病気なので、まず、痔をまねきやすい生活習慣を改め、自然治癒力を高めることから始めてください。

そして、自然治癒力を補うものが薬物療法と考えるとよいでしょう。

この記事のカテゴリーは「病院の薬と市販薬」です。
関連記事

病院の薬と市販薬

まず、最初にことわっておきたいのは、痔は、薬だけでは治らない病気であるということ...

市販薬はリリーフ・ピッチャー

薬は、医師の診断がついて、はじめて処方されるものです。医師の診察を受けなければ、...

市販薬の成分は弱い、はウソ

薬の効能について、市販薬は弱い成分を使っているので安全、という人がいますがこれは...

生活習慣病の薬の使いかた

糖尿病や高コレステロール血症などの生活習慣病の治療は、まず、原因となっている生活...