トップ > 神経反射を上手に使って便秘を予防する > 神経反射を上手に使って便秘を予防する

神経反射を上手に使って便秘を予防する

本来、人間は便秘になるようにはつくられていません。

毎朝、便意を感じ、排便が起こるように働く胃・結腸反射、姿勢・結腸反射(起立反射)、視覚反射という3つの神経反射が備わっているからです。

そして特殊な病気がないかぎり、どんな人にも程度の差はあってもこの3つの神経反射が必ずみられます。

ですので、もともと人間がもっているこれらの反射神経を利用することが、もっとも自然な便秘の予防になるのです。

この記事のカテゴリーは「神経反射を上手に使って便秘を予防する」です。
関連記事

神経反射を上手に使って便秘を予防する

本来、人間は便秘になるようにはつくられていません。 毎朝、便意を感じ、排便が起こ...

朝食をきちんと食べる

朝、起きて、からっぽの胃の中に食べ物が入ってくると、その刺激により腸が動きだしま...