トップ > 腸管免疫とアレルギー > 腸管免疫とアレルギー

腸管免疫とアレルギー

・アレルギー症が増えている
花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が増えています。

花粉症の患者数は約1300万人、アトピー性皮膚炎の患者数は約28万人(平成14年)で、毎年、増加の傾向にあります。

国民の10人に1人という花粉症の年間の治療費と薬代は、約2200億円にもなるといわれ、アレルギー症が減れば、多額の医療費が節約できることがわかります。


現代病ともいわれるアレルギー疾患の原因はなんでしょうか。

アレルギーをひと言でいうと「免疫系が暴走した状態」です。

本来は、体内に侵入した細菌やウイルス、異物などを攻撃して除去する免疫システムが、なんらかの原因で、自分自身の細胞を敵と誤認して攻撃してしまうことによってあらわれる症状で、自己免疫疾患といいます。

花粉症やアトピー、膠原病とよばれる慢性関節リウマチ、橋本病、全身性エリテマトーデスなど50余りの病気があります。

この記事のカテゴリーは「腸管免疫とアレルギー」です。
関連記事

腸管免疫とアレルギー

・アレルギー症が増えている 花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が増えて...

免疫細胞とアレルギー

免疫細胞は、血管やリンパ管の中を流れて体内をパトロールしています。 そして、体に...

腸内免疫を高めるとアレルギーを予防できる

Th1細胞を増やすのは、善玉菌のビフィズス菌であることがわかってきました。 その...