トップ > 腸管免疫とアレルギー > 免疫細胞とアレルギー

免疫細胞とアレルギー

免疫細胞は、血管やリンパ管の中を流れて体内をパトロールしています。

そして、体によくない細菌や異物が侵入したのを見つけるとただちに攻撃し、排除して健康を保ちます。

これが免疫系の仕事です。


細菌の免疫の研究で、腸の粘膜に免疫系があり、そこに免疫細胞の約70%が集中していることがわかりました。

全身をパトロールしている免疫細胞は約30%しかないのに、腸にいる約70%もの免疫細胞は何をしているんでしょうか。

実は、食べたものの消化と吸収にかかわっていることがわかってきているんです。


本来、食物から摂取したタンパク質や糖質、脂質などは、人間の体にとっては異物なので、免疫系は敵とみなして排除するように働くはずです。

しかし、栄養成分を吸収しないと人間は栄養失調になって生命を維持できません。

人間に必要な栄養成分を腸に吸収させ、そのときに細菌や異物などをチェックして除去しているのが、腸の免疫細胞なんです。


このような、異物でも体によいものを目こぼししてとり込ませる免疫の働きを、免疫学的寛容といいます。

これは、ちょうど空港の入国管理局が行っている入国審査と同じようなことを、体内で免疫が行っているというわけです。


異物でも、体によいものは目こぼしして排除しない腸管免疫の主役がTh1という免疫細胞です。

このTh1細胞は、入国管理管でいえば、外人にやさしいタイプです。


免疫細胞のT細胞は、Th0という細胞から、Th1とTh2という細胞がつくられます。

Th1細胞とTh2細胞がバランスよく存在すればよいのですが、なんらかの原因でTh2細胞が多くなってしまうとアレルギー症状が起こるといわれています。

したがって、やさしい入国管理管であるTh1細胞が増えて全身のパトロールに参加するようになれば、自分自身の細胞を攻撃するような行為をしないので、アレルギーが減ることになります。

この記事のカテゴリーは「腸管免疫とアレルギー」です。
関連記事

腸管免疫とアレルギー

・アレルギー症が増えている 花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が増えて...

免疫細胞とアレルギー

免疫細胞は、血管やリンパ管の中を流れて体内をパトロールしています。 そして、体に...

腸内免疫を高めるとアレルギーを予防できる

Th1細胞を増やすのは、善玉菌のビフィズス菌であることがわかってきました。 その...