トップ > ビフィズス菌を増やして便秘と下痢を解消する > ビフィズス菌を増やして便秘と下痢を解消する

ビフィズス菌を増やして便秘と下痢を解消する

・腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌がある
腸内細菌は、人間の小腸と大腸にすんでいる細菌のことで約100種類、数にして100兆個のおびただしい数の細菌が、人間の腸の中で共生しています。

人間の全細胞の数が約60兆個といわれていますので、その2倍ほどの腸内細菌がすんでいるわけです。


その腸内細菌を、人間の健康のためによい働きをする善玉菌と、健康に悪さをする悪玉菌の2種類に分けて考えていきましょう。


善玉菌は、人体に有用なビタミンやタンパク質をつくり出したり、腸の働きを整えたりします。

善玉菌の代表選手がビフィズス菌です。


一方、悪玉菌は胆汁を発がん物質である二次胆汁酸に変えたり、アミノ酸と尿素からアンモニアをつくり出して肝臓の働きを弱くしたりします。

つまり、数々の発がん物質や老化物質をつくり出して、腸内を毒ガス工場に変えてしまうんです。

悪玉菌の代表には、ウェルシュ菌やブドウ球菌があります。

そして、中間的な存在として、ときには善玉の働きをしたり、ときには悪玉の働きをする大腸菌があります。

この記事のカテゴリーは「ビフィズス菌を増やして便秘と下痢を解消する」です。
関連記事

ビフィズス菌を増やして便秘と下痢を解消する

・腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌がある 腸内細菌は、人間の小腸と大腸にすんでいる細...

赤ちゃんが便秘も下痢もしにくいのはビフィズス菌のおかげ

わたしたちのなかで、便秘も下痢もしにくく、腸が一番丈夫な人はどういう人でしょうか...