トップ > ビフィズス菌を増やして便秘と下痢を解消する > 赤ちゃんが便秘も下痢もしにくいのはビフィズス菌のおかげ

赤ちゃんが便秘も下痢もしにくいのはビフィズス菌のおかげ

わたしたちのなかで、便秘も下痢もしにくく、腸が一番丈夫な人はどういう人でしょうか。

その人は、おっぱいを飲んでいる赤ちゃんです。

赤ちゃんが便秘や下痢を繰り返したら、栄養が十分とれず、生命にかかわる重大な問題になります。


なぜ、赤ちゃんの腸は丈夫なのでしょうか。

それは、おっぱいを飲んでいる赤ちゃんの腸内細菌のほとんどが、ビフィズス菌だからです。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸は、ほとんど無菌に近い状態ですが、生後2?3日たつとビフィズス菌が自然に発生してどんどん増えていきます。

そして1週間をすぎると、赤ちゃんの腸内細菌の約95%が善玉ビフィズス菌になります。

なぜ、赤ちゃんの腸の中で善玉ビフィズス菌が急激に増えるのかは、まだ解明されていませんが、母乳や乳児用粉ミルクに含まれている乳糖が、善玉ビフィズス菌を増やしているのではないかといわれています。

というのは、離乳食が始まると、善玉ビフィズス菌の割合が低下してくるからです。


年をとるにつれて善玉菌のビフィズス菌が減り、悪玉菌の大腸菌やウェルシュ菌が増えていきます。

このことは、ある老人ホームでお年寄りの腸内細菌を調べたところ、善玉ビフィズス菌が全体の5%しかなかったという数字からもうかがえます。

腸内に5%しかビフィズス菌がいないお年寄りの大部分は、便秘に悩まされていました。


それでは、がんこな便秘に対して、腸内細菌はどのような作用をするのでしょうか。

57人の寝たきり老人の排便状態を調べた調査があり、それによると、

57人の中で、毎日、排便がある人はたった6人(10.5%)にすぎず、18人(31.6%)は4?7日に1回の排便で、22人(38.6%)が便秘薬を常用していました。


これらの人たちにビフィズス菌入りヨーグルトを毎日100ml飲ませたところ、10日以内にかなりの人の排便回数が増えました。

欧米でも、便秘症患者にヨーグルトやビフィズス菌入りの粉ミルクを飲ませ、がんこな便秘を改善したという報告がたくさんあります。


それでは、下痢に対しては、ビフィズス菌はどのように働くのでしょうか。

食中毒の原因になるサルモネラ菌を与えたネズミにヨーグルトを食べさせると、サルモネラ腸炎の発症は防げなかったものの、死亡率は明らかに低下しました。

次に、カンピロバクター腸炎の患者さんにビフィズス菌製剤を与えると、下痢が続く日数が明らかに低下したのです。

難治性下痢症の小児にビフィズス菌製剤を投与すると、治療に要した日数が26日から7日に短縮したという報告もあります。


このように、腸内細菌の80%以上をビフィズス菌にすることができれば、つまり、腸内を赤ちゃんのような状態にすれば、便秘でも下痢でもない理想的な排便が約束されるのです。

この記事のカテゴリーは「ビフィズス菌を増やして便秘と下痢を解消する」です。
関連記事

ビフィズス菌を増やして便秘と下痢を解消する

・腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌がある 腸内細菌は、人間の小腸と大腸にすんでいる細...

赤ちゃんが便秘も下痢もしにくいのはビフィズス菌のおかげ

わたしたちのなかで、便秘も下痢もしにくく、腸が一番丈夫な人はどういう人でしょうか...