トップ > 食物繊維を積極的にとって便秘を防ぐ > かたい便をやわらかくする

かたい便をやわらかくする

理想的な便のかたさは、チューブ入りの歯磨き粉のようなやわらかさ、と説明しましたが、それではかたい便をやわらかくするには、どうすればよいのでしょうか。たくさん水を飲めばよいのでしょうか。

実は、1日に腸に流れこむ水分の量は、唾液、胃液、胆汁、膵液、腸液などの消化液だけでも合計すると約10リットルにもなります。

それに比べると口から入る水分の量はせいぜい2リットルで、1日に5リットルも飲める人はいません。

つまり便の中の水分の大部分は、消化液の水分なのです。

しかも、1日に12リットルも流れこむ水分のほとんど大部分を、大腸は吸収してしまいます。


排便したかたい便に100mlの水を混ぜればたちまち下痢便になりますが、私たちがコップ1杯の水を飲んでも下痢便にならないのは、腸が水分の吸収をコントロールしているからなんです。

少々水を多く飲んだところで、腸はたちまち吸収してしまうので、便はやわらかくなりません。


では、どうすれば便のやわらかさをコントロールできるのでしょうか。

それは、腸が吸収できない水分を便の中にためればよいのです。

つまり、食物繊維のなかに含まれている水分を利用するんです。
食物繊維を豊富に含む食品をたくさん食べれば、食物繊維のなかの水分は吸収されにくいので、便をやわらかくすることができます。


また、便秘になると、便が腸の中に長い間とどまるために、水分をさらに吸収されてますます便がかたくなります。

しかし、食物繊維が豊富な食事をたくさんとれば、便の量が増えて腸の粘膜を刺激し、腸の蠕動運動をうながすので、便秘が解消できて一石二鳥になるというわけです。


また、よく男性で、便をやわらかくするために毎晩お酒を飲む、という人がいます。

確かにお酒を飲むと便がやわらかくなる人が多いのですが、これはアルコールが膵臓を刺激して、膵液が大量に分泌されるためなんです。

このようなことを毎晩続けていれば、膵臓が疲れ果て、そのうち膵炎になってしまいます。

ですので、アルコールで便秘の予防をするのはやめましょう。

この記事のカテゴリーは「食物繊維を積極的にとって便秘を防ぐ」です。
関連記事

食物繊維を積極的にとって便秘を防ぐ

・検査して腸に病気がないとわかったとき 便秘を解消する一番の方法は、食物繊維を多...

食物繊維の多い食事をとる

便秘の人に意外と多くみられるのが、消化のよいものだけを食べていることです。 消化...

食物繊維のとりかたのコツ

食物繊維というと、まず野菜が思い浮かびます。 しかし、野菜サラダだけ食べていれば...

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は同じくらい食べよう

食物繊維には、水にとけない不溶性食物繊維と、水にとける水溶性食物繊維の2種類があ...