トップ > 痔の最大の原因は便秘と下痢 > 痔の最大の原因は便秘と下痢

痔の最大の原因は便秘と下痢

痔になったり、痔を悪化させる危険因子は「肛門の炎症」です。

そして肛門の炎症を起こす原因のなかで、もっとも痔を悪化させるものが「排便のコントロール異常」、すなわち便通の異常(便秘と下痢)です。

特に便秘は、痔になる最大の原因です。


便は、もともと強いアルカリ性の老廃物なので、たとえば便を皮膚に塗っておくと赤くただれて炎症を起こしてしまいます。

このような強い刺激物である便が、長い間、人間の体の中に入っていれば、健康に悪影響をもたらすことはいうまでもありません。

便秘になると、かたい便が校門の粘膜を強くこするので傷がつき、その傷口から細菌が入って炎症を起こすようになります。

また、なかなか排便できないのでトイレの時間が長くなり、その間、かたい便を出すために必要以上にお腹に力を入れていきみます。

このときには腹圧は200mmHg以上にもなります。

これは脳の血管なら破れてしまうような高い圧で、肛門の周囲の血管の負担となり、痔を誘発するようになります。


したがって、便秘にならないことが、痔を発生させず、悪化させない最大のポイントになるのです。

また、下痢のときの水様便も、通過するときに肛門粘膜に便がしみこむので、炎症を起こしやすくなります。

最近、増えている病気に、精神的なストレスや不安が原因となって胃腸の働きをコントロールしている自律神経(交感神経と副交感神経)と腸壁神経系の働きが乱れ、便秘や下痢を交互に繰り返す過敏性腸症候群があります。

以前は、過敏性大腸症候群といわれていましたが、大腸だけではなく胃や小腸にも機能の異常があらわれることから過敏性腸症候群とよばれるようになりました。

この場合、精神的なストレスが原因の便通異常なので、下剤や下痢止めなどの薬をなるべく使わずに生活環境を改善して、ストレスの原因をとり除くことで治します。

この記事のカテゴリーは「痔の最大の原因は便秘と下痢」です。
関連記事

痔の最大の原因は便秘と下痢

痔になったり、痔を悪化させる危険因子は「肛門の炎症」です。 そして肛門の炎症を起...

理想的な便とは

便秘や下痢で悩んでいる人は、「排便できたか、できないか」ということばかりを気にし...

便意を感じたら我慢しない

便意を感じたら、我慢しないでトイレに入って排便することが、肛門に負担をかけず、痔...

人間は、排便するようにつくられている

大腸が動いて、便がS状結腸から直腸へ送られるには、3つの神経反射が必要です。 ・...