トップ > 痔の最大の原因は便秘と下痢 > 便意を感じたら我慢しない

便意を感じたら我慢しない

便意を感じたら、我慢しないでトイレに入って排便することが、肛門に負担をかけず、痔にならない健康法です。

それでは、便意はどうして起こるのでしょうか。
便意のメカニズムを理解しておくと、どのようにすれば毎朝、便意が起こり、スムーズに排便できるかがわかるようになります。

便意は、大腸のS状結腸に貯蔵されていた便が直腸に押し出されると、その刺激で直腸が広がることで感じます。

すると直腸が便でふくらんだという情報が、脊髄を通じて末梢神経の反射で内肛門括約筋に伝わり、ふだんは肛門を締めている筋肉の1つである内肛門括約筋がゆるみます。

これをわたしたちが中枢神経で便意と感じ、トイレに行くのです。


しかし、これだけでは排便はできません。

肛門には、もう1つ外肛門括約筋があるからです。内肛門括約筋が、直腸に便が入ると自動的に開く筋肉(不随意筋)であるのに対し、外肛門括約筋は、人間が自分自身の意思でゆるめないと開かない筋肉(随意筋)です。

この外肛門括約筋がないと、人間は便意を感じたとたん内肛門括約筋がゆるんで、自動的に排便してしまいます。


この便意を我慢してしまうと、末梢神経から脊髄を通じて脳」の中枢神経に「早く便を出すように」という催促がいきます。

さらにこれらの催促を無視してしまうと、中枢神経に届く前に脊髄で催促が遮断されてしまい便意が消えてしまうのです。


このように、直腸に便がたまっているにもかかわらず、便意を感じなくなった便秘を「直腸性便秘」といい、日本人に一番多い便秘だといわれています。

腸の中で長い間停滞している便は、水分をどんどん吸収されてしまうので、かたくなっていきます。

このかたくなった便を無理に排出しようとすると、肛門を傷つけたり、炎症を起こして痔になりやすくなるのです。

この便意のメカニズムからも、便意を感じたときに排便することが大切、ということがわかります。

この記事のカテゴリーは「痔の最大の原因は便秘と下痢」です。
関連記事

痔の最大の原因は便秘と下痢

痔になったり、痔を悪化させる危険因子は「肛門の炎症」です。 そして肛門の炎症を起...

理想的な便とは

便秘や下痢で悩んでいる人は、「排便できたか、できないか」ということばかりを気にし...

便意を感じたら我慢しない

便意を感じたら、我慢しないでトイレに入って排便することが、肛門に負担をかけず、痔...

人間は、排便するようにつくられている

大腸が動いて、便がS状結腸から直腸へ送られるには、3つの神経反射が必要です。 ・...