トップ > 男と女、どちらが痔になりやすい? > 男と女、どちらが痔になりやすい?

男と女、どちらが痔になりやすい?

・便秘しやすい女性に痔が多い?
痔は、男性に多い病気というイメージがありますが、実際は女性のほうが多いのかもしれません。というのは、女性には、自分が痔であると告白する人が少ないので、「隠れ痔主」な人が圧倒的に多いと考えられるからです。

女性が痔になりやすい要因としては、女性特有の妊娠・出産と、痔の最大の原因である便秘症が女性には多いことがあげられます。

もともと女性は、男性より便秘しやすい生活環境にあります。というのは、女性は仕事中や外出中に便意をもよおしても、我慢しがちですし、スタイルを気にしてダイエットすることが多いので、食事の量が減って便秘になりやすくなるのです。

また、生理前には、ホルモンの作用で調の働きが鈍くなるので、腸の蠕動運動が弱くなり便秘になりがちです。

このようにして、便秘症になった女性がかたい便をいきんで無理に出そうとして、切れ痔(裂肛)になるケースが多いのです。


また、女性の場合、それまでなんともなくても、妊娠・出産後に痔になってしまう人が多いんです。妊娠中は、大きくなった子宮が直腸を圧迫するために、肛門や直腸周辺に集中している細い静脈がうっ血し、痔になりやすくなります。また、分娩のときにいきむので腹圧によって肛門が脱出し、痔になることもあります。

また、出産後には、腹筋がゆるむので腸が弛緩したり、母乳を与えるために水分が不足して便がかたくなるので、排便のときに肛門が傷つき、痔になりやすくなります。

この記事のカテゴリーは「男と女、どちらが痔になりやすい?」です。
関連記事

男と女、どちらが痔になりやすい?

・便秘しやすい女性に痔が多い? 痔は、男性に多い病気というイメージがありますが、...

痔ろうだけは男性が優勢

痔のなかでも痔ろうだけは男性に多いのが特徴です。しかも、筋肉の発達した、がっちり...