トップ > 痔を予防する日常生活のセルフケア > 痔を予防する日常生活のセルフケア

痔を予防する日常生活のセルフケア

「セルフケア」とは、「自分自身で、健康を維持するための生活環境をつくり出していくこと」です。

1999年、アメリカでは「メイヨー・クリニック セルフケア・ガイド」という本がベストセラーになりました。

この本のタイトルにある「セルフケア」という健康の概念は、欧米では病気を治す手段として主流になりつつあります。

この「セルフケア」には、3つの大きなルールがあります。


・病名がきちんと診断されていること
何の病気かわからなければ、セルフケアの方法は決められません。

胃潰瘍だと思っていたら胃がんだった、痔だと思っていたら直腸がんだった、ではセルフケアはできません。


・セルフケアの実践方法は、きちんとしたコーチが立てた計画に沿って行われること
セルフケアは、自己流の治療法ではありません。

トレーニングジムにいるインストラクターのように、専門のコーチのもとに、きちんと計画を立てて行うものです。

アメリカでは、コーチとして医師、看護師、社会療法士を想定しています。


・セルフケアは、楽しく長続きするものにかぎる
「つらいことは嫌だし、長続きしない」という、いかにも欧米らしい考えかたです。

コーチはなるべく、つらくない計画を立てて、つねに患者さんを励ますことに重点をおきます。

痔をセルフケアで治すには、まず、お尻に負担のかからない排泄の習慣を身につけることが第一です。

そして、自分の生活習慣をチェックし、痔の原因を一つ一つとり除いてください。

この記事のカテゴリーは「痔を予防する日常生活のセルフケア」です。
関連記事

痔を予防する日常生活のセルフケア

「セルフケア」とは、「自分自身で、健康を維持するための生活環境をつくり出していく...

便意があってからトイレへ行く

痔のケアで大切なのは、規則正しい便通の習慣をつけることです。 自然に便意があって...

トイレに長居しない

便意がないのにトイレに長く居すわって、いきんでいると、肛門に大きな負担がかかりま...

排便後のケアをきちんと行う

排便後には、お尻をお湯で洗い流すのが一番です。 大便はアルカリ性で刺激が強く、細...