トップ > 痔を予防する日常生活のセルフケア > 便意があってからトイレへ行く

便意があってからトイレへ行く

痔のケアで大切なのは、規則正しい便通の習慣をつけることです。
自然に便意があって快適に排便できれば、痔の予防になります。

便意は、便がS状結腸から直腸に送りこまれ、直腸がその刺激でふくらんで内肛門括約筋がゆるむことによって起こります。

ですので、直腸まで便がおりてこないと排便はできません。

便意がないときに排便しようとするといきむので、肛門によけいな圧力がかかって動静脈叢がうっ血し、痔の原因になったり、痔を悪化させます。

便意を感じる時間は個人差があり、前日の食事のとりかたや、健康状態によっても異なりますが、大切なのは、

「毎朝、トイレに行くこと」ではなく、
「毎朝、便意を感じること」です。

そして、「便意を感じたら、我慢しないでトイレに行くこと」も重要です。

そのためには、便意があったときに我慢しなくてもすむように、少し早起きをして朝の時間に余裕をもたせましょう。

この記事のカテゴリーは「痔を予防する日常生活のセルフケア」です。
関連記事

痔を予防する日常生活のセルフケア

「セルフケア」とは、「自分自身で、健康を維持するための生活環境をつくり出していく...

便意があってからトイレへ行く

痔のケアで大切なのは、規則正しい便通の習慣をつけることです。 自然に便意があって...

トイレに長居しない

便意がないのにトイレに長く居すわって、いきんでいると、肛門に大きな負担がかかりま...

排便後のケアをきちんと行う

排便後には、お尻をお湯で洗い流すのが一番です。 大便はアルカリ性で刺激が強く、細...