トップ > 痔を予防する日常生活のセルフケア > 肛門の血行をよくする

肛門の血行をよくする

入浴は、肛門周囲の血行をよくするので痔の痛みをやわらげます。
下着の上から、使い捨てカイロを肛門にあてるのもよいでしょう。

ただし、肛門周囲膿瘍の人は、患部を温めると痛みや化膿が進むので禁物です。


また、痔の手術をした人が、硫黄などの刺激の強い成分が含まれている温泉に入ると、痛みが出ることがあるので注意が必要です。

この記事のカテゴリーは「痔を予防する日常生活のセルフケア」です。
関連記事

痔を予防する日常生活のセルフケア

「セルフケア」とは、「自分自身で、健康を維持するための生活環境をつくり出していく...

便意があってからトイレへ行く

痔のケアで大切なのは、規則正しい便通の習慣をつけることです。 自然に便意があって...

トイレに長居しない

便意がないのにトイレに長く居すわって、いきんでいると、肛門に大きな負担がかかりま...

排便後のケアをきちんと行う

排便後には、お尻をお湯で洗い流すのが一番です。 大便はアルカリ性で刺激が強く、細...