トップ > 痔を予防する日常生活のセルフケア > 体の冷えには要注意

体の冷えには要注意

体が冷えると、肛門括約筋が緊張し、痔が痛みだすことがあります。

また、寒いと、体温を逃さないように末梢血管が収縮するので、血液の循環が悪くなり、痔が痛むことがあります。


デパートやコンピュータ室など、エアコンがきいた部屋で長時間働く人は、夏でも体が冷えやすいので、ひざや腰に毛布をあてたり、カイロを使うなどして体を冷やさない工夫が必要です。

最近、夏の冷房で体が冷えすぎて、痔になる人が増えていることから、痔は夏の病気と呼ばれるようになっています。


また、トイレは一般的に、日のあたらないところに設置されることが多く、冬にはどうしても冷えやすくなります。

寒い時期には、電熱で温かくなる便座を用いたり、電気ストーブを入れるなどして、トイレを暖かくするとよいでしょう。

この記事のカテゴリーは「痔を予防する日常生活のセルフケア」です。
関連記事

痔を予防する日常生活のセルフケア

「セルフケア」とは、「自分自身で、健康を維持するための生活環境をつくり出していく...

便意があってからトイレへ行く

痔のケアで大切なのは、規則正しい便通の習慣をつけることです。 自然に便意があって...

トイレに長居しない

便意がないのにトイレに長く居すわって、いきんでいると、肛門に大きな負担がかかりま...

排便後のケアをきちんと行う

排便後には、お尻をお湯で洗い流すのが一番です。 大便はアルカリ性で刺激が強く、細...