トップ > 痔を予防する日常生活のセルフケア > 無理なダイエットは痔をまねく

無理なダイエットは痔をまねく

女性に多い便秘の原因に、間違ったダイエットがあります。

やせるために、いちばん手っとり早い方法は食べる量を減らすことだと考えて、朝食を抜いたり、生野菜のサラダだけですませる人がいます。

このような少食を続けると便の量が少なくなるので、便秘になりやすくなります。

野菜サラダというと、なんとなく食物繊維が多そうに思えますが、ほとんどは水分で、サラダをお腹いっぱい食べても、食物繊維は3?4gくらいしかとれません。

これは、1日に必要な食物繊維の1/6程度です。


栄養のバランスや食物繊維の量を無視したダイエットは、便秘の大きな原因になります。

理想的なダイエットは、栄養にならないで、かつ、便の量を増やす食べ物、つまり食物繊維をたくさんとるダイエットです。

食べないダイエットは、便秘をまねきます。
便秘になると肌荒れなど美容と健康をそこなうだけで、いいことはありませんので、注意してください。

この記事のカテゴリーは「痔を予防する日常生活のセルフケア」です。
関連記事

痔を予防する日常生活のセルフケア

「セルフケア」とは、「自分自身で、健康を維持するための生活環境をつくり出していく...

便意があってからトイレへ行く

痔のケアで大切なのは、規則正しい便通の習慣をつけることです。 自然に便意があって...

トイレに長居しない

便意がないのにトイレに長く居すわって、いきんでいると、肛門に大きな負担がかかりま...

排便後のケアをきちんと行う

排便後には、お尻をお湯で洗い流すのが一番です。 大便はアルカリ性で刺激が強く、細...