トップ > 痔を予防する日常生活のセルフケア > 妊娠中、出産後の痔のケアは大切に

妊娠中、出産後の痔のケアは大切に

妊娠と出産を経験すると、痔になったり、痔を悪化させることが多くなります。

妊娠してだんだん胎児が成長してくると、子宮が大きくなって骨盤の中に下がり、内腸骨静脈という、肛門から下大静脈に戻る血管を圧迫するので、肛門の動静脈叢がうっ血して炎症を起こし、内痔核ができます。

妊娠するとホルモンのバランスが変わり、運動不足になりがちなので、便秘になりやすくなります。

また、妊娠後期では、大きくなった子宮が直腸を圧迫するので便秘になります。


妊娠中の便秘対策は、まず、食物繊維の多い食べ物をとることから始めてください。

それによって、妊娠中の肥満も防ぐことができます。

それでも便秘が解消しないときには、主治医とよく相談して下剤や軟便剤を用いて、慎重に便通をととのえるようにしましょう。


痔があるときには、患部に消炎の軟膏を塗って炎症を予防します。
また、まめに入浴して血行をよくすることも大事です。


分娩時にはいきんで痔が悪化することもあるので、痔が心配な人はあらかじめ担当医に話しておくとよいでしょう。

痔の程度によっては、分娩しやすいように会陰切開をする場合もあります。


出産後は、赤ちゃんの世話による疲れやストレスで、痔が悪化したり便秘しやすくなります。

また、母乳育児では、体内の水分が母乳に吸収されるため、便がかたくなりやすくなります。

授乳中は、水分の補給と食物繊維の豊富な食事をたっぷりとることを心がけてください。

この記事のカテゴリーは「痔を予防する日常生活のセルフケア」です。
関連記事

痔を予防する日常生活のセルフケア

「セルフケア」とは、「自分自身で、健康を維持するための生活環境をつくり出していく...

便意があってからトイレへ行く

痔のケアで大切なのは、規則正しい便通の習慣をつけることです。 自然に便意があって...

トイレに長居しない

便意がないのにトイレに長く居すわって、いきんでいると、肛門に大きな負担がかかりま...

排便後のケアをきちんと行う

排便後には、お尻をお湯で洗い流すのが一番です。 大便はアルカリ性で刺激が強く、細...