トップ > なぜ人間は痔になるのか > なぜ人間は痔になるのか

なぜ人間は痔になるのか

・痔とは、どういう肛門の状態か
痔は、肛門の構造がまねく病気といえます。日本人の痔で一番多い"痔核"を例に説明しましょう。

肛門は、周辺にある筋肉(内・外肛門括約筋)と粘膜だけではきちんと閉じることができず、約1mmのすき間ができてしまいます。

そのすき間をふさぐために、肛門の粘膜の下には、動脈や静脈の細い血管が草むらのように集まった動静脈叢や平滑筋、弾性線維などの結合識がつくるクッションと呼ばれる部位があります。

このクッションをつなぎ合わせている結合識が30歳をすぎると老化現象でくずれはじめ、断裂するようになります。

そして、排便をするときにりきむと、動静脈叢の血管に約200mmHgもの圧力がかかり血管が拡張するので、断裂した結合識のすき間から動静脈叢が肛門内に突出します。これが"痔核"です。

この200mmHgという圧力は、脳の血管だったら破裂してもおかしくない圧力なのです。

排便のときに強くりきむのは、1つは排便の習慣もありますが、ほとんどが便秘症の人です。このせいで、便秘症の人に痔主が多いのでしょう。

それでは、なぜ人間の肛門がこのような構造をもつようになったんでしょうか。

この記事のカテゴリーは「なぜ人間は痔になるのか」です。
関連記事

なぜ人間は痔になるのか

・痔とは、どういう肛門の状態か 痔は、肛門の構造がまねく病気といえます。日本人の...

ダーウィンの進化論からみた医学的原因

ちょっとむずかしいタイトルですが、ダーウィンの進化論からみた人間の肛門のクッショ...

老化が痔核の原因をつくっている

現代は生活環境の改善や医療の発達により、「人生80年」といわれる長寿社会になりま...