トップ > 大腸がん、直腸がんの検査法と早期発見法 > 大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

・内視鏡のしくみ
大腸内視鏡検査は、内視鏡(ファイバースコープ)を用いて肛門より奥にある大腸の状態を調べる検査です。

内視鏡は、光をよく通す細いガラス繊維をたばねてやわらかい合成樹脂のチューブに入れたもので、先端にレンズがついていて、大腸の粘膜の状態をモニターにカラーで映し出して肉眼で見ることができます。

形が偏平で、色の変化でしかわからないタイプの早期がんは、発生頻度は低いものの、内視鏡でしか発見できません。


また、内視鏡にはポリペクトミーという治療ができる機能があります。

がんが疑われる部位が見つかると、内視鏡の先端についた小さな鉗子で、その粘膜の一部をつまみとって回収し、顕微鏡でがん細胞を調べることができます。

これを病理組織検査といい、がんの診断の際には、必ず行います。


また、内視鏡の先端にスネアという小さな針金の輪をつけて、見つかった悪性のポリープの根元にひっかけ、高周波を流してポリープを根元から焼き切ってとり去ることで、がんの治療ができます。


このように、内視鏡の発明により、開腹手術をしなくてもがんの治療ができるようになりました。

場合によっては、入院なしでがんの手術ができることもあります。


・内視鏡検査のしかた
内視鏡検査の前には、注腸造影検査と同様に、下剤と浣腸で便を出しきり、腸内をきれいにします。

検査中の痛みは、内視鏡が腸を痛めないようにチェックしたり、診断の手がかりになるので、麻酔は使わず、軽い鎮静剤を用います。


ベッドの上に横たわり、肛門から内視鏡を挿入します。

直腸、S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸の順に進み、必要に応じて写真を撮影したり、検査のために粘膜の一部を鉗子でつまみとります。

検査中には、軽い痛みを感じることがありますが、それは診断をくだすうえで大切な情報となるので、我慢せずに医師に伝えるようにしましょう。

ベテランの専門医によれば、検査は約20分で終わります。
また、写真撮影や病理組織検査を行った場合、検査結果が出るまでに約1週間が必要となります。


検査当日は激しい運動や飲酒は避けてください。

検査のあとに腹痛や肛門からの出血などがあった場合には、医師に連絡し、指示をあおぎましょう。

この記事のカテゴリーは「大腸がん、直腸がんの検査法と早期発見法」です。
関連記事

大腸がん、直腸がんの検査法と早期発見法

これまでも説明してきたように、直腸がんや大腸がんは、出血をともなうことが多いがん...

出血・便の潜血反応

検査のしかたは、患者さんに便をとってもらい、試験薬によって血液の反応をみます。 ...

注腸造影検査

結腸、直腸のがんを調べるための、大切な検査です。 肛門から腸の中にバリウムを送り...

大腸内視鏡検査

・内視鏡のしくみ 大腸内視鏡検査は、内視鏡(ファイバースコープ)を用いて肛門より...