トップ > 大腸がん、直腸がんの検査法と早期発見法 > 腫瘍マーカー

腫瘍マーカー

がん細胞が血液中に放出する特殊なタンパク質(腫瘍マーカー)を見つけて、がんの診断をする検査です。

この腫瘍マーカーを調べることによって、がんが発生した臓器などをつきとめることができます。


腫瘍マーカーは、病気の経過や、治療効果を調べたり、再発を知るためには有効な検査法ですが、がんを発見する検査としては精度が低く、がんの早期発見には使えません。

この記事のカテゴリーは「大腸がん、直腸がんの検査法と早期発見法」です。
関連記事

大腸がん、直腸がんの検査法と早期発見法

これまでも説明してきたように、直腸がんや大腸がんは、出血をともなうことが多いがん...

出血・便の潜血反応

検査のしかたは、患者さんに便をとってもらい、試験薬によって血液の反応をみます。 ...

注腸造影検査

結腸、直腸のがんを調べるための、大切な検査です。 肛門から腸の中にバリウムを送り...

大腸内視鏡検査

・内視鏡のしくみ 大腸内視鏡検査は、内視鏡(ファイバースコープ)を用いて肛門より...