トップ > なぜ人間は痔になるのか > ダーウィンの進化論からみた医学的原因

ダーウィンの進化論からみた医学的原因

ちょっとむずかしいタイトルですが、ダーウィンの進化論からみた人間の肛門のクッションについて説明を紹介します。

肛門を閉じるクッションを、なぜ動静脈叢でつくるようになったのかは、じつはよくわかっていません。

ただ、クッションをかたい軟骨や皮膚でつくると、毎日、肛門を通過する便が刺激となって、炎症を起こしやすくなることが考えられます。

また、肛門が炎症を起こして出血しても、周囲の動静脈叢があると血液が豊富なので、たくさんの白血球がきたない便の中の細菌を殺して化膿を防ぐことができます。


では、なぜ人間の肛門に痔核を発生させないためのメカニズムができなかったんでしょうか。

進化論では、現代人の体の構造は200万?300万年前の人類と基本的には変わっていないと考えられています。

そのころの人類は草原で狩りをして食料を得ていて、40歳以上まで生きることは稀でした。したがって肛門の構造も、40年以上使えるようにはできていなかったんです。

また、排便も、野生の動物のように草原など自然のなかで自由に行ったので、現代人のようにトイレが見つかるまで我慢したり、仕事の都合で排便を我慢し、肛門に負担を強いることもありませんでした。

この記事のカテゴリーは「なぜ人間は痔になるのか」です。
関連記事

なぜ人間は痔になるのか

・痔とは、どういう肛門の状態か 痔は、肛門の構造がまねく病気といえます。日本人の...

ダーウィンの進化論からみた医学的原因

ちょっとむずかしいタイトルですが、ダーウィンの進化論からみた人間の肛門のクッショ...

老化が痔核の原因をつくっている

現代は生活環境の改善や医療の発達により、「人生80年」といわれる長寿社会になりま...