トップ > 「痔と思っていたら、大腸がん」 > 大腸がんの早期発見と痔

大腸がんの早期発見と痔

大腸がんの早期発見をさまたげる原因となるのが痔です。

大腸がんと痔には、肛門からの出血や血便という共通の症状があります。そのため、大腸がんによる出血を痔と思いこみ、そのまま放置してしまうケースが多いのです。

さらに問題なのは、「肛門から出血がある」と診察に来た患者さんに痔があると、医師が大腸がんの検査をはぶいてしまうことがあるのです。


また、大腸がんの検査を行っても異常がなく、痔が発見された場合、そのあとで大腸がんによる出血が起きても、本人が「また痔だろう」と思いこんでしまうことがあります。

したがって、「自分は痔持ちだ」という自覚のある人は、特に注意が必要です。

出血や血便があったら、必ず医師の診察を受けて大腸がんの検査を行ってください。

また、異常がなくても2年に1回は大腸がんの検査を受け、チェックする習慣をつけるようにしましょう。

この記事のカテゴリーは「「痔と思っていたら、大腸がん」」です。
関連記事

「痔と思っていたら、大腸がん」

・大腸がん、直腸がんが増えている 痔が原因でがんになることはまれですが、大腸がん...

バーキット博士による排便時間の研究

イギリスの医師バーキット博士は、便の滞留時間とがんの発症との関連を研究し、食物繊...

増えている日本人の脂肪摂取量

日本人が1日に摂取する総エネルギーの内訳を年度ごとに調査したデータがあります。 ...

大腸がんの早期発見と痔

大腸がんの早期発見をさまたげる原因となるのが痔です。 大腸がんと痔には、肛門から...