トップ > 「痔と思っていたら、大腸がん」 > 肛門に出血や違和感があったら、すぐ専門医に診てもらう

肛門に出血や違和感があったら、すぐ専門医に診てもらう

・大腸がん
大腸とは、小腸とつながる盲腸、上行結腸、横行結腸、S状結腸、直腸までの臓器をさし、長さは約1.5mあります。

このなかで、もっともがんが発生しやすいのは直腸とS状結腸で、大腸を通過した二次胆汁酸などの老廃物を含んだ「古くなった便がたまる場所」です。

しかし、最近では、これまで少なかった上行結腸や下行結腸にもがんが増えているので注意が必要です。


大腸がんの進行のしかたには、2種類あります。

1つは、大腸の粘膜からきのこ状にポリープ(腺腫)が隆起し、そのポリープの一部からがんが発生するタイプで、大腸がんの約95%がこのポリープ隆起タイプです。

ポリープのすべてががん化するわけではありませんが、がん化する可能性があるため、10mm以上のポリープは切除する必要があります。

もう1つは、粘膜のひらべったい部分にがんが発生するタイプ(扁平タイプ)で、早期には見つかりにくく、内視鏡ではじめて発見されることが多いがんです。


よく、「痔があると必ずがんになる」と思いこんでいる人がいますが、それは間違いです。

ただし、痔ろうが肛門がんの引き金になることはあります。
痔ろうは、治療せず10?20年間放置すると、肛門がんになる可能性があります。

慢性の炎症が続くため、患部からのうみや分泌物ががんを誘発することがあるのです。

痔ろうを長期間放置しておくと、患部がかたくなり、さらに進行するとゼリー状の粘液を分泌します。

この場合は、肛門がんの一種である粘液がんが疑われるので、ここまで症状が進んでしまったときは、肛門をすべて除去し、人工肛門にすることになります。

痔ろうのすべてががんになるわけではありませんが、わずかでもがんの可能性がある以上、早急に治療を受けることが必要です。


・絨毛腫瘍
「内痔核が大きくなって、肛門から脱出する回数が増えた」といって病院に行く人がいます。

この中には、脱出しているのは内痔核ではなく、直腸の絨毛腫という腫瘍の場合があります。

絨毛腫瘍も、必ずがんになるわけではありませんが、がん化する可能性があるので、早急に切除する必要があります。

この記事のカテゴリーは「「痔と思っていたら、大腸がん」」です。
関連記事

「痔と思っていたら、大腸がん」

・大腸がん、直腸がんが増えている 痔が原因でがんになることはまれですが、大腸がん...

バーキット博士による排便時間の研究

イギリスの医師バーキット博士は、便の滞留時間とがんの発症との関連を研究し、食物繊...

増えている日本人の脂肪摂取量

日本人が1日に摂取する総エネルギーの内訳を年度ごとに調査したデータがあります。 ...

大腸がんの早期発見と痔

大腸がんの早期発見をさまたげる原因となるのが痔です。 大腸がんと痔には、肛門から...