トップ > そのほかの肛門の病気 > 直腸脱

直腸脱

排便のときに、ちくわのような筒状の粘膜が5?10cmも脱出する症状を、直腸の一部が脱出する直腸脱といいます。

直腸脱は、直腸を支えている組織が弱いために起こる症状で、先天性のものと老化による後天性のものがあります。

直腸脱になると、肛門を締めている括約筋の働きが弱くなるので、直腸が脱出するときに粘液もいっしょに出てきて、肛門周辺がかぶれることがあります。

またホワイトヘッド法の手術によって、直腸の組織が壊されてしまった場合にも、直腸脱が起こります。

直腸脱の治療は、肛門からの手術でほとんどよくなりますが、最近では、症状がひどいときには、腹腔鏡を使い直腸を仙骨に固定する手術も行われています。

この記事のカテゴリーは「そのほかの肛門の病気」です。
関連記事

そのほかの肛門の病気

肛門や肛門の周囲にできて、症状が似ていることから痔と間違えやすい病気があります。...

幼児痔ろう

生後数ヶ月から1歳ぐらいまでの、おもに男の子の赤ちゃんにできる痔ろうです。 乳幼...

直腸脱

排便のときに、ちくわのような筒状の粘膜が5?10cmも脱出する症状を、直腸の一部...

直腸粘膜脱

直腸脱が、直腸全体が肛門のほうに下がってしまう病気なのに対し、直腸粘膜脱は、直腸...