トップ > そのほかの肛門の病気 > 尖圭コンジローム

尖圭コンジローム

肛門内や肛門周囲の皮膚にも約2?3cmのイボが多数できる病気で、ヒト乳糖腫ウイルスが性行為のときに感染して起こるものです。

治療は、5FU軟膏を塗ったり、液体窒素で凍結させますが、イボが大きい場合は、手術で切除します。

再発することが多いので、性行為などの生活指導も重要です。

この記事のカテゴリーは「そのほかの肛門の病気」です。
関連記事

そのほかの肛門の病気

肛門や肛門の周囲にできて、症状が似ていることから痔と間違えやすい病気があります。...

幼児痔ろう

生後数ヶ月から1歳ぐらいまでの、おもに男の子の赤ちゃんにできる痔ろうです。 乳幼...

直腸脱

排便のときに、ちくわのような筒状の粘膜が5?10cmも脱出する症状を、直腸の一部...

直腸粘膜脱

直腸脱が、直腸全体が肛門のほうに下がってしまう病気なのに対し、直腸粘膜脱は、直腸...