トップ > そのほかの肛門の病気 > 肛門管がん

肛門管がん

肛門にできるがんで、あまり多くはありません。直腸がんのように粘膜に発生するがんと、肛門の外側のほうから発生する肛門管がんがあります。

肛門管がんは、痔ろうを長い間治療をせずにほうっておくと起こるケースがほとんどです。

この記事のカテゴリーは「そのほかの肛門の病気」です。
関連記事

そのほかの肛門の病気

肛門や肛門の周囲にできて、症状が似ていることから痔と間違えやすい病気があります。...

幼児痔ろう

生後数ヶ月から1歳ぐらいまでの、おもに男の子の赤ちゃんにできる痔ろうです。 乳幼...

直腸脱

排便のときに、ちくわのような筒状の粘膜が5?10cmも脱出する症状を、直腸の一部...

直腸粘膜脱

直腸脱が、直腸全体が肛門のほうに下がってしまう病気なのに対し、直腸粘膜脱は、直腸...