トップ > そのほかの肛門の病気 > レクシトール(直腸膣壁弛緩)

レクシトール(直腸膣壁弛緩)

高齢の女性などで、直腸と膣との隔壁が弱くなり、排便時にふくらんだ直腸が膣内にせり出してくる病気です。

女性の排便障害の原因の1つです。

原因は、便秘と出産によって直腸膣隔壁が弱くなることがあげます。

ディフェコグラフィーという排便の状態を記録できる特殊なX線造影法で診断します。

症状が重い場合は、手術で直腸と膣の隔壁を再建します。

この記事のカテゴリーは「そのほかの肛門の病気」です。
関連記事

そのほかの肛門の病気

肛門や肛門の周囲にできて、症状が似ていることから痔と間違えやすい病気があります。...

幼児痔ろう

生後数ヶ月から1歳ぐらいまでの、おもに男の子の赤ちゃんにできる痔ろうです。 乳幼...

直腸脱

排便のときに、ちくわのような筒状の粘膜が5?10cmも脱出する症状を、直腸の一部...

直腸粘膜脱

直腸脱が、直腸全体が肛門のほうに下がってしまう病気なのに対し、直腸粘膜脱は、直腸...