トップ > そのほかの肛門の病気 > 肛門ポリープ

肛門ポリープ

ポリープは、腫瘍の外観がきのこのような形をしたクラゲの子どもに似ていることからついた名称で、体内にできるきのこ状の腫瘍の総称です。組織学的には、さまざまな種類のポリープがあります。

肛門ポリープの多くは、肛門乳頭が炎症を起こして大きくなった炎症性ポリープですが、ときどき良性腫瘍の腺腫であることがあります。

腺腫性ポリープは、大腸ポリープのように、まれにがん化することがあるので注意が必要です。

大腸ポリープと同様に、大きさが10mmを超えたポリープは切除して、病理検査をしたほうがよいでしょう。

この記事のカテゴリーは「そのほかの肛門の病気」です。
関連記事

そのほかの肛門の病気

肛門や肛門の周囲にできて、症状が似ていることから痔と間違えやすい病気があります。...

幼児痔ろう

生後数ヶ月から1歳ぐらいまでの、おもに男の子の赤ちゃんにできる痔ろうです。 乳幼...

直腸脱

排便のときに、ちくわのような筒状の粘膜が5?10cmも脱出する症状を、直腸の一部...

直腸粘膜脱

直腸脱が、直腸全体が肛門のほうに下がってしまう病気なのに対し、直腸粘膜脱は、直腸...