トップ > 痔ろう(あな痔) > 痔ろう(あな痔)

痔ろう(あな痔)

肛門の周囲にうみがたまり、それが破れて出たあとにろう管といううみが出るあなができる病気です。

たいていは「肛門周囲膿瘍」という病気から進行することが多く、激しい痛みや発熱をともないます。

痔ろうは、自宅療法や薬では治りにくく、肛門がんになることもあるので、手術するしかありません。

この記事のカテゴリーは「痔ろう(あな痔)」です。
関連記事

痔ろう(あな痔)

肛門の周囲にうみがたまり、それが破れて出たあとにろう管といううみが出るあなができ...

痔ろうの原因と発生のしかた

痔ろうは、肛門の歯状線にある肛門腺窩という小さなポケット状になったあなに便がつま...

痔ろうになりやすい人とは

昔は、痔ろうは結核菌が起こす結核性の病気と考えられていましたが、現在では、便の中...

痔ろうには、4つのタイプがある

痔ろうは、原発巣である肛門腺からうみが進む経路によって次の4つのタイプに分かれま...