トップ > 肛門の構造としくみ > 肛門の構造としくみ

肛門の構造としくみ

・肛門は複雑でデリケートな器官
痔という病気を理解するには、肛門の構造を知っておくことが大切です。

肛門という感じの「肛」はお尻の"あな"を、「門」は"出入り口"を意味し、体内で消化・吸収された食物の残りカスを排泄し、便やガスの排出を調整する器官が肛門です。

消化器官の"食道、胃、十二指腸、小腸"に続く"大腸"は、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、さらにS状結腸と直腸に分かれ、肛門とつながっています。

排便と関係しているのは、S状結腸から下の部分で、結腸を通って水分を吸収された便が直腸へおりていき、直腸の壁が便で広げられると、自律神経の反射作用で便意が起こります。

肛門の長さは約3cmで、正確には肛門管といい、母親の胎内で約8?9週目になった胎児のときに、内胚葉性の原始直腸が、外胚葉性の原始肛門と合わさってできます。

その接合部が歯のようにギザギザしていることから歯状線とよばれ、肛門のふちより約1.5cm奥にあります。

この歯状線を境にして、奥は大腸と同じく自律神経によって支配されているので、ほとんど痛みを感じません。

しかし、歯状線よりお尻の皮膚に近い部分は、皮膚と同じ体性神経(脊髄神経)に支配されているため、敏感に痛みを感じます。

このように肛門が2つの違った神経系に支配されていることが、痔を発生する部位によって痛みなどの症状が異なる原因となっているんです。

また、歯状線の周囲には肛門腺窩というくぼみがあり、そのくぼみには肛門腺という分泌線が開いています。この肛門腺に便がたまって細菌に感染し化膿すると、痔ろうの原因となります。

この記事のカテゴリーは「肛門の構造としくみ」です。
関連記事

肛門の構造としくみ

・肛門は複雑でデリケートな器官 痔という病気を理解するには、肛門の構造を知ってお...

肛門をとり囲んでいる2つの筋肉

ふだん私たちが意識していなくても、肛門から便が漏れ出ることはありません。 それは...