トップ > 裂肛(切れ痔、裂け痔) > 裂肛の原因と発生のしかた

裂肛の原因と発生のしかた

裂肛の最大の原因は便秘で、腹圧をかけてかたい便を無理に出そうとしたときに起こります。

また、下痢便は、肛門粘膜に浸透して炎症を起こし、粘膜を弱くして裂けやすくするので、便が通るときにこすられるとすぐに切れて裂肛になります。

裂肛ができるのは、歯状線より下の肛門上皮の部分です。この部位は、皮膚と同じ組織のために弾力性が弱く、血流があまり豊かでないことから、ちょっとした刺激でも切れやすいのが特徴です。

裂肛は、どちらかというと男性より女性に多い痔で、便秘や出産のときに腹圧をかけすぎることが最大の原因です。

便秘になると、水分が抜けてカチカチになった便が無理に肛門を通るので、歯状線の外側の肛門上皮が裂け、痛みが走ります。

また、慢性の下痢症になると、肛門上皮がつねに水溶性の便にさらされ、炎症を起こしやすくなるので、裂肛になる原因になります。


裂肛は、肛門管の背中側によくできます。これは、直腸からおりてくる便が肛門の背中側にぶつかるので傷つきやすいこと、また肛門の背中側は血流が少ないために炎症を起こしやすいこと、などが原因にあげられます。

最近の裂肛の研究で、肛門の内圧を測定することによって、裂肛の患者さんの場合は、内肛門括約筋が緊張して肛門管静止圧が高くなっていて、さらに肛門上皮の周辺の血流が少なくなっていることがわかりました。

このことより、肛門上皮にゆく血管が内肛門括約筋の中を垂直に通っているために、内肛門括約筋が緊張すると血管が締めつけられ、肛門上皮にゆく血流が低下して肛門の粘膜が虚血状態になり、裂肛になりやすくなることがわかります。


裂肛でつらいのは、激しい痛みをともなうことです。

これは、肛門上皮が脊髄神経の支配下にあり、痛みを感じる神経が発達しているためです。かたい便が出るとき、「痛い!」と思った瞬間に肛門括約筋が収縮してけいれんを起こし、切れた部位がさらに何度もこすれるために痛みがあとを引くんです。

裂肛が慢性化する要因に、排便のたびに感じる痛みがいやで、便意が起きてもトイレに行くのを我慢してしまうことがあります。

その結果便秘になり、直腸にたまった便は水分をどんどん吸収されてしまうので、時間がたてばたつほど便がかたくなります。そして、ようやくトイレに行ったときには、カチカチになった便が治りかけている裂肛の傷口をこするので、さらに傷を深くしてしまいます。

このようにして、痛くて苦しい排便がますます怖くなり、トイレが遠のいて便秘を繰り返すという悪循環が生まれるのです。

この記事のカテゴリーは「裂肛(切れ痔、裂け痔)」です。
関連記事

裂肛(切れ痔、裂け痔)

裂肛は、肛門の外傷といってよい病気で、かたい便が肛門から出るときに歯状線より外側...

裂肛の原因と発生のしかた

裂肛の最大の原因は便秘で、腹圧をかけてかたい便を無理に出そうとしたときに起こりま...

裂肛の種類

裂肛には、"単純性裂肛"と"慢性潰瘍性裂肛"の2つのタイプがあります。 ・単純性...

裂肛の応急手当て

市販の軟膏を患部に塗るか、坐薬を使います。 また、便秘の人は便をやわらかくするた...