トップ > 裂肛(切れ痔、裂け痔) > 裂肛狭窄

裂肛狭窄

・肛門が狭くなり、便が出にくくなる
排便はあるのに便が出にくく、力むと鉛筆の太さくらいの便がようやく出てくる、というのを肛門狭窄といい、肛門が狭くなることが原因です。

肛門狭窄になる原因で一番多いのが、裂肛(切れ痔)を何回も繰り返すことです。

肛門粘膜が裂けると、切れた粘膜が治るときにひきつれを起こします。裂肛が治るたびに肛門粘膜のひきつれが重なるので肛門が少しずつ狭くなって、肛門狭窄になるのです。

この粘膜のひきつれについて、簡単な例をあげるとすると、

例えば、ナイフなどで切り傷ができると、傷口がだんだんふさがって最後には1本の筋になります。

この筋になった皮膚をよく観察すると、傷側に皮膚が引っぱられていることがわかると思います。このように皮膚や粘膜にできた傷が治るときには、傷口の部分が収縮して周囲の皮膚や粘膜を引っぱるのです。

このひきつれが肛門の粘膜で起こると、肛門は筒状になっているので、校門の円周が短くなって狭くなり、肛門狭窄となるんです。

裂肛以外の原因でも、肛門が狭くなることがあります。大きな内痔核を手術したときや、経験不足の医師が手術した場合などに起こります。


・肛門狭窄の治療法
初診時に、肛門狭窄と思われても、炎症を抑え、裂肛を直すと肛門が広がることがあります。

肛門の括約筋は、患者さんが意識して締めることができるので、痛みや恐怖から無意識に肛門を締めていることがあるからです。

また、手術が必要な場合の手術法は、"スライディング・スキン・グラフト法(皮膚移行術)"が一般的です。

この記事のカテゴリーは「裂肛(切れ痔、裂け痔)」です。
関連記事

裂肛(切れ痔、裂け痔)

裂肛は、肛門の外傷といってよい病気で、かたい便が肛門から出るときに歯状線より外側...

裂肛の原因と発生のしかた

裂肛の最大の原因は便秘で、腹圧をかけてかたい便を無理に出そうとしたときに起こりま...

裂肛の種類

裂肛には、"単純性裂肛"と"慢性潰瘍性裂肛"の2つのタイプがあります。 ・単純性...

裂肛の応急手当て

市販の軟膏を患部に塗るか、坐薬を使います。 また、便秘の人は便をやわらかくするた...