トップ > 痔核(いぼ痔) > 痔核(いぼ痔)

痔核(いぼ痔)

・痔核には、内痔核と外痔核がある
痔核は、肛門の周囲の動静脈にできた動静脈瘤の一種で、血管と結合識が肛門内に盛り上がり、たれ下ってできたもので、形がいぼに似ていることから、いぼ痔とも呼ばれています。

痔核は、できる場所によって内痔核と外痔核に分けられます。

肛門粘膜と肛門括約筋の間と、肛門上皮と肛門括約筋の間には、筋線維や動脈、静脈が網の目のように集まり、便がガスが漏れないようにクッションの役割をしています。とくに肛門周囲には動静脈の吻合脈が多く集まっていることから、このクッションを動静脈叢といいます。

便秘でいきんだりして肛門に負担をかけることを繰り返していると、クッションになっている組織の血管が切れて出血したり、血流が悪くなってうっ血することで血管周囲の結合識が増殖し、血管と結合識が肛門内にいぼのように出てくることがあります。

このように肛門に出てきた動静脈叢を"痔核"といいます。

歯状線よりも内側にできた痔核を「内痔核」、外側にできた痔核を「外痔核」といい、内痔核と外痔核の性質は違います。

また、妊娠後期になると大きくなった子宮が左右の腸骨静脈を圧迫するために、分娩時にいきむと内痔核になったり、痔核の症状が悪化することがあります。

痔核をほうっておくと、しだいに大きくなり、やがて排便時に肛門の外に出てくる「脱肛」を起こすようになります。

この記事のカテゴリーは「痔核(いぼ痔)」です。
関連記事

痔核(いぼ痔)

・痔核には、内痔核と外痔核がある 痔核は、肛門の周囲の動静脈にできた動静脈瘤の一...

内痔核の症状

内痔核は、歯状線より内側にある動静脈叢が大きくなって肛門の中にたれ下がったもので...

外痔核の症状

便秘などで、かたい便を無理に出そうとしていきんだりすると、豆粒大のしこりが肛門上...

痔核の原因

痔核は次のような原因で起こり、悪化します。 ・便秘やトイレが長い人 便秘になると...