トップ > 痔の手術を受けたあとのセルフケア > 痔の手術を受けたあとのセルフケア

痔の手術を受けたあとのセルフケア

・大事な治療後のセルフケア
最終的に手術が成功したかどうかは、術後の患者さんのセルフケアにかかっています。

というのは、医療ができることは、患者さんが病気になった原因を探り出し、その原因をとり除いてその人がもっている自然治癒力を最大限に引き出して健康な状態に戻してあげることだからです。


痔の治療においても、医師ができることは、痔の原因を検査や診察で調べ、痔核や裂肛、痔ろうなどの原因をとり除くことしかありません。

その後は、患者さん自身がセルフケアをして、自分自身の体のなかにある自然治癒力を最大限に引き出すように努力するしかないのです。


医師と薬は、患者さんの痔は治せても、体質や老化現象までは治せません。

患者さん自身が、毎日、前向きになってライフスタイルを改善することで体質を変え、老化現象を防ぐことができるのです。

痔については、排便のしかたや食事、運動、入浴など、医師の指示に従って、予後の生活を正しくすごすことが大切です。

この記事のカテゴリーは「痔の手術を受けたあとのセルフケア」です。
関連記事

痔の手術を受けたあとのセルフケア

・大事な治療後のセルフケア 最終的に手術が成功したかどうかは、術後の患者さんのセ...

手術後の痛み

現代の痔の手術は、昔とは違い、痛みで苦しむようなことはほとんどありません。 もち...

排便のしかた

排便は、手術後2日目から可能になります。 排便時の痛みを心配する患者さんも多いの...

食事と運動、入浴

やわらかい便をして、手術後の排便の痛みをやわらげるためにも、食事は非常に重要です...