トップ > 痔の手術を受けたあとのセルフケア > 退院後の生活指導を受ける

退院後の生活指導を受ける

退院後、しばらくは週に一度ぐらいのペースで外来に通院してもらいます。

手術のあとの回復状態を診察し、家庭での生活指導を行います。

毎日の食事に気を配り、正しい排便習慣を身につけているか、長時間同じ姿勢を続けて肛門に負担をかけていないか、など患者さんだけではなく、家族の協力も必要です。


痔は、一生つきあっていかなくてはならない病気です。

手術で治ったからといって、無茶な生活をしていると、再発する可能性は十分にあります。

当サイトを繰り返し見て「セルフケア」を身につけ、痔にならない、そして痔を繰り返さない人生を送ってください。

この記事のカテゴリーは「痔の手術を受けたあとのセルフケア」です。
関連記事

痔の手術を受けたあとのセルフケア

・大事な治療後のセルフケア 最終的に手術が成功したかどうかは、術後の患者さんのセ...

手術後の痛み

現代の痔の手術は、昔とは違い、痛みで苦しむようなことはほとんどありません。 もち...

排便のしかた

排便は、手術後2日目から可能になります。 排便時の痛みを心配する患者さんも多いの...

食事と運動、入浴

やわらかい便をして、手術後の排便の痛みをやわらげるためにも、食事は非常に重要です...