トップ > 手術法は進歩している > 手術法は進歩している

手術法は進歩している

これまで説明してきたように、痔の手術法が進歩したおかげで、術後の痛みも軽くなり、入院日数も短くなりました。

その理由として、次の3つがあげられます。

?手術法の進歩で、傷あとが小さくなったので、回復が早い

?肛門括約筋や正常な組織を損傷しないので、痛みが軽い

?6週間たつととける、抜糸の必要がない糸が開発されたので、患部の奥のほうまで縫えるようになった。

それにより完全な治療を行うことができるようになり、入院日数も短くてすむようになった。


また、術後の回復も早くなり、排便や入浴は術後2日目からできるようになりました。

傷口に薄く皮がはるのに1ヶ月、完全に傷口がふさがるまでに約4ヶ月ですむようになりました。

術後4週間で、ゴルフや水泳などのスポーツもできます。

この記事のカテゴリーは「手術法は進歩している」です。
関連記事

手術法は進歩している

これまで説明してきたように、痔の手術法が進歩したおかげで、術後の痛みも軽くなり、...