トップ > 痔核(いぼ痔) > 痔核の原因

痔核の原因

痔核は次のような原因で起こり、悪化します。


・便秘やトイレが長い人
便秘になると、排便時に強くいきむようになります。強くいきむと腹腔内圧が上昇し、腹腔壁の中の下大静脈系の血液の流れがとどこおって肛門のクッション部分の動静脈叢がうっ血します。

やがてうっ血した血管がふくれて太くなり、また粘膜の下を支えている結合識がゆるんだり断裂するために、動静脈叢が肛門から脱出するようになります。

また、かたい便が肛門を通過するときに、肛門の粘膜を傷つけて炎症を起こし、痔核を発生させます。

特に、何日も排便しないと直腸内や肛門付近に便を長くためておくことになり、粘膜が刺激されて炎症を起こし、痔核の原因となります。

トイレが長い人は、便がなかなかでない人です。特にトイレに20?30分も入ってる人は、その間、便を出そうと長い間いきんでいるので、便秘の人と同じように、腹腔内圧が高くなって、動静脈叢がうっ血し、痔核ができやすくなります。


・長時間、同じ姿勢をとる
長い間、座ったままでいたり、立ったままでいるなど同じ姿勢を続けていると肛門がうっ血するようになるので痔核の原因となります。

長距離トラックのドライバーや飛行機のパイロット、コンピュータのオペレータなどの職業の人にできやすくなります。

また、自転車や乗馬、ウエイトリフティング、トランペットの演奏など、お腹に圧力のかかる運動や行為をすると、肛門に負担がかかります。


・妊娠・出産
妊娠してお腹が大きくなると、子宮が周囲の血管を圧迫するので、肛門の血管がうっ血します。また、出産の際に強くいきむことも、痔核を誘発します。


・香辛料・アルコールのとりすぎ
香辛料の中でもとうがらしは、大部分が体内に吸収されずに便として排便されます。そのために排便時に便の中に残っているとうがらしの成分が肛門を刺激し、炎症の原因になります。

また、アルコールは炎症を起こす物質でもあるので、アルコールを大量に飲むと下痢を起こしやすくなり、痔核を悪化させます。

この記事のカテゴリーは「痔核(いぼ痔)」です。
関連記事

痔核(いぼ痔)

・痔核には、内痔核と外痔核がある 痔核は、肛門の周囲の動静脈にできた動静脈瘤の一...

内痔核の症状

内痔核は、歯状線より内側にある動静脈叢が大きくなって肛門の中にたれ下がったもので...

外痔核の症状

便秘などで、かたい便を無理に出そうとしていきんだりすると、豆粒大のしこりが肛門上...

痔核の原因

痔核は次のような原因で起こり、悪化します。 ・便秘やトイレが長い人 便秘になると...