トップ > 裂肛の手術と治療法 > 裂肛の手術と治療法

裂肛の手術と治療法

切れ痔、裂け痔とも呼ばれる裂肛は、歯状線よりも外側(皮膚側)の肛門上皮が、かたい便の通過時にこすれて裂け、排便時に痛みや出血がともなう病気です。

初期の段階のものは、生活指導や薬物療法など、なるべく肛門に負担をかけず、症状をやわらげる治療(保存療法)が進められます。

しかし、裂肛が慢性化し、肛門上皮が傷ついては治るという状態を何度も繰り返していると、患部が潰瘍化して肛門が狭くなるために排便時の苦痛が増します。

このような場合は、肛門の狭さとかたさをとり除き、もとの柔軟な肛門の状態に戻すための手術が行われます。

裂肛の手術には、次の2つがあります。

スライディング・スキン・グラフト法(皮膚移行術)

内肛門括約筋側方切開術

この記事のカテゴリーは「裂肛の手術と治療法」です。
関連記事

裂肛の手術と治療法

切れ痔、裂け痔とも呼ばれる裂肛は、歯状線よりも外側(皮膚側)の肛門上皮が、かたい...

スライディング・スキン・グラフト法(皮膚移行術)

慢性化し、傷口が潰瘍化した裂肛の場合に行われるのが、スライディング・スキン・グラ...

内肛門括約筋側方切開術

別名「LSIS」と呼ばれ、現在、もっとも多く行われている治療法です。 裂肛が治り...

薬物を塗ったり、注入したりする治療法

裂肛は、内肛門括約筋が過度に緊張して起こる、という考え方から、裂肛の治療では内肛...