トップ > 内痔核の手術と治療法 > 肛門括約筋保護手術

肛門括約筋保護手術

肛門括約筋を保護しながら行う手術法で、肛門括約筋をまったく傷つけません。

そのため、筋肉を傷つけることによって起こる後遺症の心配が、まったくありません。


手術では、内痔核を完全にとり去る一方、内痔核の上にある肛門粘膜をできるかぎり傷つけないようにします。

さらに、この傷を半閉鎖法で用いる、自然にとける糸を使って縫合するため、術後も、肛門括約筋はまったくダメージを受けずにすみます。

この記事のカテゴリーは「内痔核の手術と治療法」です。
関連記事

内痔核の手術と治療法

現在、一般的に行われている内痔核の手術には、大きく分けて、 ?内痔核をとり除く手...

内痔核をとり除く手術

内痔核を完全にとり除くことだけを目的とした昔の手術とは違い、今の手術は、できるか...

結紮切除法

結紮切除法は、内痔核の手術法としてはもっとも一般的なもので、世界中で行われていま...

半閉鎖法

従来の結紮法では、痔核を切除したあとの患部を縫合しないで、そのままにしていました...