トップ > 痔核(いぼ痔) > 痔核の応急手当て

痔核の応急手当て

内痔核の場合には、排便が終わると出血は止まりますから、トイレを出たら、お腹の下に座布団やクッションをあててお尻を高くし、横になって安静にします。このときに脱脂綿を丸めて肛門にあてておくと、止血効果が高まります。

また、トイレでいきまないで排便できるように、便をやわらかくする食生活を心がけ、便秘を防ぐことも大切です。

さらに肛文部のうっ血をとり、清潔に保つために、入浴や座浴を欠かさないようにします。そのうえで、市販の軟膏を患部に塗ったり坐薬を使うと、より効果が高まるでしょう。


外痔核は、肛門の血行の不良が一因ですから、血流を良くすることが第一です。

入浴や座浴、あるいは使い捨てカイロなどを使って、お尻のまわりをよく温めます。

痛みがひどいときは、市販の鎮痛薬を利用します。また、歩くときにお尻がこすれて痛む場合には、軟膏を塗るとよいです。

あとは、入浴や座浴でお尻を温めます。ただし、患部が化膿しはじめているときには、血流がよくなってかえって痛みが増すことがあるので、ひかえてください。

この記事のカテゴリーは「痔核(いぼ痔)」です。
関連記事

痔核(いぼ痔)

・痔核には、内痔核と外痔核がある 痔核は、肛門の周囲の動静脈にできた動静脈瘤の一...

内痔核の症状

内痔核は、歯状線より内側にある動静脈叢が大きくなって肛門の中にたれ下がったもので...

外痔核の症状

便秘などで、かたい便を無理に出そうとしていきんだりすると、豆粒大のしこりが肛門上...

痔核の原因

痔核は次のような原因で起こり、悪化します。 ・便秘やトイレが長い人 便秘になると...