トップ > 内痔核の手術と治療法 > 内痔核を小さくする治療法

内痔核を小さくする治療法

手術を必要とする大きな内痔核に対し、とり去るのではなくて内痔核の大きさをさまざまな方法で縮小する試みが、世界中で行われています。

それらは、内痔核をすべてとり去る方法ではないため、症状が完全に消えないこともあります。

しかし、通院や短期入院で行える治療法なので、簡便法として広く行われています。


内痔核を小さくする治療法には、次のものがあります。

レーザー療法

最新レーザー療法「ICG併用半導体レーザー療法」

硬化剤注入療法

輪ゴム結紮法(一般的な結紮法)

PPH法

ジオン(消痔霊)

この記事のカテゴリーは「内痔核の手術と治療法」です。
関連記事

内痔核の手術と治療法

現在、一般的に行われている内痔核の手術には、大きく分けて、 ?内痔核をとり除く手...

内痔核をとり除く手術

内痔核を完全にとり除くことだけを目的とした昔の手術とは違い、今の手術は、できるか...

結紮切除法

結紮切除法は、内痔核の手術法としてはもっとも一般的なもので、世界中で行われていま...

半閉鎖法

従来の結紮法では、痔核を切除したあとの患部を縫合しないで、そのままにしていました...