トップ > 内痔核の手術と治療法 > 硬化剤注入療法

硬化剤注入療法

内痔核が進行して、出血を繰り返す場合に行われる方法です。

内痔核に血液を送りこんでいる動脈の付近に、フェノールアーモンド・オイルという硬化剤を注射し、痔核を固めて患部を縮める、というものです。


内痔核ができる直腸粘膜は、痛みを感じない場所なので、この注射も痛みはなく、わずかな時間で終わります。

しかし、注射の効果は数ヶ月から1年ほどしか持続しないことがほとんどです。

排便時に強くいきむなど、肛門に負担のかかる行為を続けると、硬化剤で縮めた血管も少しずつ広がってきます。

また、注射を繰り返していると効果が薄れていくこともあります。


したがって、この治療法は、内痔核で多量の出血があるが入院して手術を受ける時間のない人、またほかに持病があるなどの理由で手術を受けられない人に対して行うもの、といえます。

この記事のカテゴリーは「内痔核の手術と治療法」です。
関連記事

内痔核の手術と治療法

現在、一般的に行われている内痔核の手術には、大きく分けて、 ?内痔核をとり除く手...

内痔核をとり除く手術

内痔核を完全にとり除くことだけを目的とした昔の手術とは違い、今の手術は、できるか...

結紮切除法

結紮切除法は、内痔核の手術法としてはもっとも一般的なもので、世界中で行われていま...

半閉鎖法

従来の結紮法では、痔核を切除したあとの患部を縫合しないで、そのままにしていました...