トップ > 内痔核の手術と治療法 > 輪ゴム結紮法(一般的な結紮法)

輪ゴム結紮法(一般的な結紮法)

内痔核があまり大きくなく、丸形で奥に細くない場合に、高い効果を発揮する治療法です。


輪ゴム結紮器という器具を、内痔核の根元にかけてしばり、血行を遮断して患部を少しずつ壊死させ、脱落させます。

痔核が脱落するまでに1?2週間かかり、とれた痔核は、輪ゴムとともに便といっしょに排出されます。

痛みはなく、短期の入院ですみます。


しかし、輪ゴムでしばるだけなので、内痔核がすべてとれるわけではなく、輪ゴムでしばった部分しか縮小しません。

しかも、輪ゴムがかからない大きな内痔核や、痛みを感じる神経がある外痔核には使用できません。


最近では、デバイスといい、大腸内視鏡と用いて輪ゴムをかける方法もありますが、基本的には同じ考えかたです。

また、デバイスが高価であることと、輪ゴムをかけるときに吸引して行うため、内視鏡の視野が狭くなることが欠点としてあげられます。


また、痔核が落ちるときに出血を起こすこともあるため、入院できる設備のある病院と、常時連絡がとれる状態にしていなくてはいけません。

さらに、痔核が落ちたあとの部分に傷がつき、何ヶ月も新しい皮膚ができない場合もあります。

その場合、痛みと出血が起こり、入院手術が必要となります。


このような理由から、輪ゴム結紮法は、内痔核の治療に有効ではありますが、対象となる患者さんが限定される治療法だといえます。

この記事のカテゴリーは「内痔核の手術と治療法」です。
関連記事

内痔核の手術と治療法

現在、一般的に行われている内痔核の手術には、大きく分けて、 ?内痔核をとり除く手...

内痔核をとり除く手術

内痔核を完全にとり除くことだけを目的とした昔の手術とは違い、今の手術は、できるか...

結紮切除法

結紮切除法は、内痔核の手術法としてはもっとも一般的なもので、世界中で行われていま...

半閉鎖法

従来の結紮法では、痔核を切除したあとの患部を縫合しないで、そのままにしていました...